マイナンバーカードの使い道は? 第3位「役所で使用」、第2位「身分証明書」を上回った第1位は?【ナビット調べ】

2016年から交付が開始されたマイナンバーカード。国は全国民への普及をめざし2020年から「マイナポイントキャンペーン」を実施、2022年4月の時点で普及率は全国民の43.3%まで増えてきている状況だ(マイナンバーカード普及状況ダッシュボードより)。2022年1月からはマイナポイントキャンペーンの第2弾も始まっているなかで、マイナンバーカードをすでに持っている人たちは一体どのように利用しているのだろうか。

今回は全国の主婦を対象にしたマイナンバーカードに関するアンケートを紹介しよう。

マイナンバーカード、64.1%の人が持っていると回答

持っている主な理由の第1位はマイナポイントの申請のため(「株式会社ナビット」調べ)

導入から賛否両論、さまざまな物議を醸したマイナンバーカードだが、持っていればコンビニストアで住民票の写しを取得することができたり、健康保険証や図書館利用カードとしても利用可能だったり、何かと便利な一面も多い。そこで今回紹介するのは、株式会社ナビットが2022年3月にインターネット上で実施したマイナンバーカードに関するアンケートだ。対象は全国の30代から50代の主婦を中心とした男女1,000人。

まず、マイナンバーカードを持っているかの質問では、64.1%の人が「持っている」と回答。続いて、「持っている主な理由はなんですか?」という質問では、最も多かったのは「マイナポイントの申請」で回答者全体の29.5%、次いで「証明書が必要」が16.6%だった。やはりマイナポイントほしさに取得したという人が多数であるようだ。

反対に持っていない人の「持っていない主な理由」としては、「必要性を感じない」が最多で全体の16.9%、ついで「面倒くさい」が10.8%であった。たしかに、マイナポイントキャンペーンでは手続きの煩雑さがたびたび話題となっていて、お得感は感じても手続きが複雑で申請を断念したといった声も多数あったので、その辺りの課題をクリアできれば、さらに交付率はアップしそうだ。

マイナンバーカードの使い道は? 第3位「役所で使用」、第2位「身分証明書」を上回った第1位は?【ナビット調べ】のページです。オトナライフは、【マネーマイナポイントマイナンバーカードマイナンバーカードの作り方】の最新ニュースをいち早くお届けします。