【Edge】デスクトップブラウザの世界シェア2位に! 大躍進の背景にあったものとは?

みなさんは“ブラウザ”と聞いて何を思い浮かべるだろうか。世界中で広く使われているグーグルの「Chrome」に続くデスクトップ用ブラウザの第2位に、ついにマイクロソフトの「Edge」が躍り出た。「Firefox」やアップルの「Safari」など、2位以下は混戦状態が続く中で、

ブラウザシェアから抜きんでるきっかけとなった“新生Edge”と、今後の見通しについてお伝えしていきたい。

ウェブブラウザ・Edge、ついに業界2位に!

2022年4月の時点でのデスクトップのブラウザ市場

2021年のWindows 11のリリースや、Chromeと同じコードに変更したことが功を奏し、“新生Edge”はついにアップルのSafariを抜いて業界2位に!(​「Statcounter Global Stats」調べ)

マイクロソフトのブラウザEdgeのデスクトップ用ブラウザシェアが、アップルのSafariを抜いて、ついに業界2位というニュースが飛び込んできた。ウェブ解析を行うstatcounter社によると、2022年4月の時点でのデスクトップのブラウザ市場でトップを独走中なのは、グーグルの「Chrome」で66.64%。ついで「Edge」が10.07%を占め2位の座を確保し、3位に「Safari」が9.62%をつける格好となっている。

前年4月のシェアでは「Safari」9.85%、「Edge」7.96%と大きく離されていたにもかかわらず、Edgeはその差を埋めて2位に躍り出たのだった。

2015年リリース以来、鳴かず飛ばずだったEdgeの大躍進の背景には、2021年の2つの大きなテコ入れの影響が挙げられるだろう。1つはもちろん、2021年秋のWindouws11のリリースだ。そしてもう1点、見逃せないのは、グーグルのChromeと同じChroniumコードを使用して、“新生Edge”に生まれ変わったことと関連付ける人は多いのではないだろうか。あの手この手の仕様変更を繰り出してきたマイクロソフトも、ホッと胸をなで下ろしていることだろう。

【Edge】デスクトップブラウザの世界シェア2位に! 大躍進の背景にあったものとは?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle ChromeMicrosoft EdgeSafariブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。