強すぎる「LINE」の利用率が驚異の8割超え! 10~50代のSNS利用傾向とは

連絡手段やコミュニケーションツールとして欠かせないSNSについて、2022年1月に行なわれた調査結果が発表された。代表的な5つのSNSのうち、全世代で圧倒的な利用率を誇っていたのは「LINE」だ。一方で、やや不名誉な印象が再び証明しまったのが「Facebook」だった。

今回は、そのようなSNSの利用率の特徴について考察していきたい。

LINEの利用率は他のSNSから頭ひとつ飛び抜ける

全体の約8割がLINEを日常的に使用している(「NTTドコモ モバイル社会研究所」調べ)

NTTドコモ モバイル社会研究所が、2022年1月に調査した「スマホ・ケータイ所有者のSNS利用動向」の結果をまとめて発表した。調査は、国内の15〜79歳の男女7,050名を対象に行なわれた。

「LINE」「ツイッター」「インスタグラム」「Facebook」「TikTok」の5つのSNSうち、月に1回以上利用しているものについて尋ねると、ダントツの結果となったのは「LINE」だった。実に利用率は81.6%。街中で5人に聞けば4人は使用している計算で、2位となった「ツイッター」(41.6%)と比べてもLINEの約半数に留まる。LINEが他のSNSの追従を許さないツールとなっていることがよくわかる結果となった。

また、LINEのすごいところは、世代差が比較的少ないところにもある。世代別の利用率のグラフを見ても、10代から70代にかけてゆるやかな減少傾向にあるものの、もっとも利用率が少ない70代でも約7割が利用している。高い水準で、全世代にまんべんなく利用者がいるという、他のSNSにない特徴を示す結果となった。

強すぎる「LINE」の利用率が驚異の8割超え! 10~50代のSNS利用傾向とはのページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramLINESNSTikTokTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。