スプレッドシート「ピボットテーブル」の使い方 – 設定方法・集計範囲の変更方法解説

Googleスプレッドシートで入力したデータの集計と分析を行いたいときは、「ピボットテーブル」を活用すると便利です。本記事では、Googleスプレッドシートのピボットテーブルの概要や、使いこなすコツについて画像付きで詳しく解説します。

スプレッドシートの「ピボットテーブル」とは

スプレッドシートの「ピボットテーブル」とは、さまざま観点からデータの集計と分析を行うことができる機能。集計するデータの種類や範囲の変更や、縦軸と横軸のデータ配置の入れ替えなどが簡単にできます。元のデータの内容や配置が変更されることもないため、ピボットテーブルを使いこなせば作業効率が格段に向上するでしょう。

スプレッドシート「ピボットテーブル」の使い方・作成方法

スプレッドシートのピボットテーブルは、下記の手順で作成できます。各手順の詳細を解説します。

・ピボットテーブルのベースとなる表を用意する
・ピボットテーブルを作成する
・行と列を追加する
・値を追加する

【前提】ピボットテーブルのベースとなる表を用意する

まずは、ピボットテーブルのベースとなる表を作成します。

【前提】ピボットテーブルのベースとなる表を用意する

各項目のタイトルがなかったり、途中に余計なデータがあったりすると、ピボットテーブルを正常に作成できません。今回は例として、上記のような「売上データ」の表を作成しました。各項目の先頭に「日付」「商品」「金額」などタイトルがあり、途中に説明やコメントを入れずに必要なデータのみ入力しています

表を作成する際は、下記2つの点に注意してください。

・各項目の先頭にタイトルを挿入する
・途中に説明の行や空白行を入れない

ピボットテーブルを作成する

ピボットテーブルは下記の手順で作成します。

ピボットテーブルを作成する1

【1】①表内の任意のセルを選択します。②「挿入」をクリックします。③「ピボットテーブル」をクリックします

ピボットテーブルを作成する2

【2】①集計するセルの範囲が自動的に決まるため、必要に応じて変更します(セルの集計範囲はいつでも変更できます)。②挿入先に「新しいシート」を選びます。③「作成」をクリックします

ピボットテーブルを作成する3

【3】新しいセルにピボットテーブルが作成されます

ちなみに、ピボットテーブルの挿入先に「既存のシート」を選択した場合は、どのセルにピボットテーブルを挿入するかを選ぶ項目が表示されます。挿入先のセルを指定すると、その部分にピボットテーブルが作成されます。

行と列を追加する

次に、ピボットテーブルの「行」と「列」の内容を、下記の手順で設定します。今回は行に「日付」を、列に「金額」を設定しました。

行と列を追加する1

【1】①「追加」をクリックします。②「日付」をクリックします

行と列を追加する2

【2】ピボットテーブルのA列に日付が表示されます

行と列を追加する3

【3】①「追加」をクリックします。②「商品」をクリックします

行と列を追加する4

【4】ピボットテーブルに商品名が表示されます

値を追加する

下記の手順で「値」を設定すると、ピボットテーブルが完成します。

値を追加する1

【1】①「追加」をクリックします。②「金額」をクリックします

値を追加する2

【2】ピボットテーブルに日付と商品ごとの金額が表示されます

行・列・値の要素を変更すると、さまざまなピボットテーブルを作成できます。たとえば、日付ごとの店舗の売り上げを集計した場合は、下記のようになります。

値を追加する3

【3】行に「日付」、列に「店舗」、値に「金額」を設定すると、このようなピボットテーブルが作成されます

スプレッドシート「ピボットテーブル」をより使いこなすコツ

スプレッドシートのピボットテーブルをより便利に使いこなすために、下記2つのテクニックをご紹介します。

・ピボットテーブルの行と列を入れ替える方法
・集計方法の範囲を変更する方法

ピボットテーブルの行と列を入れ替える方法

ピボットテーブルの行と列は、下記2つの方法で簡単に入れ替えることができます。

・ドラッグ&ドロップで移動してデータを入れ替える
・「×」ボタンと「追加」ボタンで行と列を設定し直す

今回は、ドラッグ&ドロップで入れ替える手順をご紹介します。

ピボットテーブルの行と列を入れ替える方法1

【1】①「行」の項目を「列」の場所へドラッグ&ドロップします。②「列」の項目を「行」の場所へドラッグ&ドロップします

ピボットテーブルの行と列を入れ替える方法2

【2】ピボットテーブルの「行」と「列」が入れ替わります

集計方法の範囲を変更する方法

ピボットテーブルで集計するセルの範囲を変更したい場合は、下記の手順で再設定できます。

集計方法の範囲を変更する方法1

【1】①任意のセルをクリックします。②「データ範囲を選択」アイコンをクリックします。③元のデータのシートをクリックします

集計方法の範囲を変更する方法2

【2】①集計したいセルの範囲を、各項目のタイトルを含めて選択します。②「OK」をクリックします

集計方法の範囲を変更する方法3

【3】新しい集計方法でピボットテーブルが作成されます

上記の手順で集計範囲を変更できますが、範囲選択時にタイトルを含めるようにしてください。タイトルを含めないと、行と列を正常に設定できなくなります。

【実践編】ピボットテーブルで「取引先ごとの売上表」を作成してみよう

実際にスプレッドシートのピボットテーブルを使用して、取引先ごとの売上表を作成してみましょう。

【実践編】ピボットテーブルで「取引先ごとの売上表」を作成してみよう1

【1】今回はこのような売上表を作成しました。A社~D社に対する4製品(CPU・メモリ・HDD・電源)の売上高を、取引日ごとにまとめています

【実践編】ピボットテーブルで「取引先ごとの売上表」を作成してみよう2

【2】①まずはピボットテーブルに含めたいデータを、列のタイトルも含めて選択します。②メニューの「挿入」をクリックして、③「ピボットテーブル」を選択します

【実践編】ピボットテーブルで「取引先ごとの売上表」を作成してみよう3

【3】①挿入先は「新しいシート」を選択して、②「作成」をクリックします

【実践編】ピボットテーブルで「取引先ごとの売上表」を作成してみよう4

【4】今回は取引先ごとの売上高を作成するので、①行に「取引先」、②列に「商品名」、③値に「売上高」を選択します。④このようなピボットテーブルが完成しました。取引先ごとにどの商品がいくら売れたか一目瞭然です

【実践編】ピボットテーブルで「取引先ごとの売上表」を作成してみよう5

【5】なお行に「取引日」、列に「取引先」を指定すると、このように取引日ごとの各社の売上高がわかります

まとめ

スプレッドシートの「ピボットテーブル」では、元のデータを変更せずにさまざまな方法でデータを集計できます。行と列の要素の入れ替えや変更、集計範囲の変更なども簡単です。これらの機能を活用すれば、データの集計や分析の作業を効率化できます。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

スプレッドシート「ピボットテーブル」の使い方 – 設定方法・集計範囲の変更方法解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネススプレッドシートスプレッドシートの使い方ピボットテーブル】の最新ニュースをいち早くお届けします。