JRE POINTをビューカードでガッツリ貯める方法 – 使い方しだいで最大10%も!

「ビューカード」は、JR東日本グループが発行するクレジットカード。交通系ICカード「Suica」一体型で、チャージするだけでもポイントが貯まるなど、そのメリットは多い。ただし、使い方しだいでポイントの還元率は大きく変わってくるので、とくに通勤でSuicaを利用している人ならしっかりとチェックしておきたい。そこで今回は、ビューカードの仕組みと最大10%還元を得る方法を解説しよう。

まずはビューカードの基本を確認しよう!

まず確認しておきたいのは、ビューカードで貯まるポイントはJR東日本の共通ポイント「JRE POINT」であること。

JRE POINTを貯めるには、最初にSuicaやビューカードなどをJRE POINTと紐づけておく必要がある。これによって、Suicaへのチャージや駅ビル(アトレ・ビーンズ・ペリエ・エキュート・エスパル等)の提携店での買い物でどんどんポイントが貯まっていくようになるのだ。

●JRE POINT「JRE POINTアプリのご紹介」→こちら

JRE POINTはネットショップの「JRE MALL」やネットで切符や指定席券が買える「えきねっと」などで使えるほか、駅ビルの実店舗でも「緑色のマーク」のお店なら買い物で支払いに使うことができる。

ただし、同じ提携店でも「黄色のマーク」のお店はポイントが貯まるが、ポイントで支払うことはできないので注意したい。「黄色いマーク」のお店でポイントを利用するには、JRE POINTを一旦Suicaにチャージして電子マネーとして支払う必要がある。

ビューカードの基本を確認

JRE POINTは「緑のマーク」「黄色のマーク」のある提携店であれば、ポイントが貯まるが、ポイントを支払いに使えるのは「緑のマーク」のお店のみだ(画像は「JRE POINT」公式サイトより転載)

また、定期券機能付きのビューカードなら、定期代金もポイント付与の対象になる。ただし、カードやサービスの種類によって還元率が変わるので、まずは5種類のビューカードの違いを見てみよう。

ちなみに、Suicaへのチャージにはさまざまな方法があり、チャージの方法によってはポイントの3重取りも可能となっている。詳しくはこちらの記事を参考にしてほしい。

■JRE CARD

JRE CARD

通常は0.5%還元だが、オートチャージやモバイルSuicaへのチャージは1.5%、また、アトレ、エキュートなどの「JRE CARD優待店」で買い物すると最大3.5%に!(画像は「JRE POINT」公式サイトより転載)

・国際ブランド:VISA/JCB/Mastercard
・ポイント還元率:0.5~3.5%
・年会費:524円(初年度無料/2年目以降は対象施設の月会費を1回でも払うと無料になる)
・Suicaのオートチャージ機能付
・Suica定期券としても利用可能
・えきねっとやモバイルSuicaできっぷを買うと最大5%還元
・ポイントを貯めるか使うとポイントの有効期限が2年延長される
・海外旅行傷害保険を自動付帯(死亡500万円)
・公式サイトは→こちら

■「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード

通常還元率は0.5%。「JRE CARD」と同様、チャージやJRE CARD優待店での買い物で還元率がアップする。また、ビューカードのなかでは、唯一家族カードを作れる(画像は「JRE POINT」公式サイトより転載)

・国際ブランド:VISA/JCB/Mastercard
・ポイント還元率:0.5~3.5%
・年会費:本人会員524円/家族会員524円
・Suicaのオートチャージ機能付
・Suica定期券としても利用可能
・年間の利用金額に応じてボーナスポイント付与
(年間30万円の利用で250pt付与~年間150万円の利用で合計5,250pt付与)
・海外旅行傷害保険を自動付帯(死亡500万円)
・公式サイトは→こちら

■ビューゴールドプラスカード

ビューゴールドプラスカード

モバイルSuicaでチャージや定期券を購入すると最大4%の還元。また、東京駅構内ラウンジや世界の空港ラウンジなどを利用できる優待サービスも多い(画像は「JRE POINT」公式サイトより転載)

・国際ブランド:JCB
・ポイント還元率:0.5~4%
・年会費:1万1,000円(家族会員1枚目年会費無料/2枚目からは年会費3,300円)
・Suicaのオートチャージ機能付
・Suica定期券としても利用可能
・年間の利用金額に応じてボーナスポイント付与
(年間150万円の利用で3,000pt付与~年間300万円の利用で合計1万2,000pt付与)
・海外旅行傷害保険を自動付帯(死亡5,000万円)
・ショッピングプロテクション(年間300万円)
・東京駅構内の「ビューゴールドラウンジ」利用
・海外の空港ラウンジ利用(ラウンジ・キー)の利用
・公式サイトは→こちら

■ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラをよく利用するならコチラ。買い物時、チャージしてSuica払いをすることでビックカメラのポイント10%、Suicaへのチャージ1.5%、合計11.5%の還元に。ただし、Suica定期券機能はないので要注意(画像は「JRE POINT」公式サイトより転載)

・国際ブランド:VISA/JCB
・ポイント還元率:0.5~3.5%
・年会費:524円(初年度無料、2年目以降は年1回のクレカ支払いで無料)
・Suicaのオートチャージ機能付
・ビックカメラの買い物で最大11.5%還元
・買い物や公共料金支払いでビックポイントも貯まる
・海外旅行傷害保険を自動付帯(死亡500万円)
・公式サイトは→こちら

■ルミネカード

ルミネカード

ルミネやニュウマンでの買い物がいつでも5%オフになる(セール時は10%オフ)。さらにJRE POINTをルミネ商品券に等価交換することができる(画像は「JRE POINT」公式サイトより転載)

・国際ブランド:VISA/JCB/Mastercard
・ポイント還元率:0.5~3.5%
・年会費:1,048円(初年度無料)
・Suicaのオートチャージ機能付
・Suica定期券としても利用可能
・ルミネ・ニュウマンで最大10%オフ
・JRE POINTをルミネ商品券に等価交換できる
・ネット通販「アイルミネ」の利用金額に応じてルミネ商品券がもらえる(20万円以上で1,000円分など)
・海外旅行傷害保険を自動付帯(死亡500万円)
・公式サイトは→こちら

JRE POINTをビューカードでガッツリ貯める方法 – 使い方しだいで最大10%も!のページです。オトナライフは、【マネーJRE CARDJRE POINTSuicaVIEWカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。