「LINEMO」の半年間実質無料が0円を求めるユーザーニーズをとらえて申込殺到!新プラン3番手から攻勢をかける!

5月13日に楽天モバイルが“0円終了”を発表したのを機に、受け皿となるべく各社でお得なキャンペーン合戦が日々繰り広げられている。中でもソフトバンクの「LINEMO」は、5月20日に発表したミニプランが「無料」「0円」を求めるユーザーのニーズをとらえ急成長。なんと発表からたった3日間で、前月比5倍以上の申し込みが殺到しているという。
今回は勢いが止まらないLINEMOについてお伝えしていきたい。

ソフトバンク・LINEMOが前月比5倍以上の急成長

LINEMOミニプラン(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

PayPayポイント990円分が最大6か月間付与されるため、“半年間実質無料”のLINEMOミニプランに申し込みが殺到

5月20日にソフトバンクが発表した、LINEMOの3GBのミニプランの現状が熱い視線を浴びている。「半年間実質無料」を掲げたキャンペーンで、なんと5月20日~22日のMNPが、前月比(4月第3週の週末3日間)の5倍以上になったという。利用料月額990円(税込、以下同)は発生するものの、その分PayPayポイント990円分が最大6カ月も付与されるため、実質的にプラスマイナス0円でサービスが受けられることが、急成長の主な理由といえよう。

また、今回LINEMOの申込みが急増する前には、KDDIの「povo2.0」でも「通常時の申込み量の2.5倍に増えた」ことが報じられていた。povoも“基本使用料0円”でユーザーが自身の使い方に合わせてトッピングをしていくスタイルが好評を博しているという。楽天が終了させる“0円で使えるプラン”で、2社が一気に業界シェアを拡大していると言えるだろう。

「LINEMO」の半年間実質無料が0円を求めるユーザーニーズをとらえて申込殺到!新プラン3番手から攻勢をかける!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidLINEMOソフトバンク楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。