苦節24年?「漠然と大変すぎて何をしたらいいのかわからない時の解決策」の漫画が話題、脳内整理に役立つ!

皆さんは日常生活を送る中で、漠然とした悩みを抱えることはないだろうか。たとえば、やらなければいけないことがたくさんあるのに、何から手を付ければいいのかわからなくなる時だ。ちょっとしたミスで思いがけずパニックになってしまうことや、なんとなく頭の整理がつかないというような事態は、誰にでも訪れる可能性のある話である。

2022年5月18日に投稿された、mori yuu@0617Forestさんの、「これに気づくのに24年かかった。「漠然と大変すぎて何したらいいか分からなくなる→何にも手をつけられない」の解決策。」というツイートには、ある一枚の画像が添えられている。この投稿には、9.1万件以上の「いいね」がつき、多くのツイッターユーザーたちからの反響を呼んだ。

今回は、こちらのツイートの詳細と、投稿に寄せられたさまざまな意見をご紹介したい。

箇条書きで脳内を整理しよう!

投稿者のmori yuuさんは「漠然と大変すぎて何したらいいか分からなくなる→何にも手をつけられない」の解決策として、やるべきことを箇条書きにすることで頭の整理ができると、わかりやすいイラストとともに述べている。

漠然と大変な状況の例として、mori yuuさんはイラスト内でふたつのシチュエーションを取り上げた。ひとつめは、普段の生活において、部屋の中で机やソファに置き去りにされたゴミや、脱ぎ散らかした服を見た時の対応である。「大変だ」とは思うものの、どこから手をつければいいかわからなくなってしまったという経験は、皆さんにもあるのではないだろうか。

ふたつめは仕事に関してだが、先方からの修正依頼が来た時、内容ではなく、ミスそのものに気を取られ、思わず「ほとんどよくなかったんだ」と、マイナス思考に陥ってしまうことも例にあげた。

実はこれらの問題はすべて、先ほどの箇条書きで解決できる。やるべきことを一つひとつ書き出すことで、「次にすることは何か」が明確になり、頭の中が整理されるのだ。仕事の件に関しても、いざ修正依頼を箇条書きにしてみると、「たくさんあると思っていた修正が、実は数件だった」ということがあるかもしれない。

このツイートをリツイートしたツイッターユーザーたちからは、「これは社会人5年目で気づいた。やり忘れも防げるし、終わった項目を消していくのが快感になる」との、箇条書きをチェックリスト方式に使うことをオススメする声や、「まさにこれよな。俺も仕事でタスクがめちゃくちゃ重なった時だけメモに書き出している」と、普段から仕事ができそうな人ですらも、この方法で脳内を整理していることが判明した。

大惨事の前では、人は固まる!?

もちろん、世の中には目の前の問題をサクサクと解決できる人もいるが、みんながみんなそうはいかない。たいていの人はあまりの惨劇を目の前にすると、脳が思考停止して固まってしまうことがある。この頻度が高いか低いかの違いと言えば、わかりやすいかもしれない。

筆者も目の前で起こった事態に唖然として、身体が動かなくなった経験がある。数年前、「人をダメにするソファ」でおなじみの某ビースクッションを、別の場所に移動させようと持ち上げた拍子に、中身のビーズがザザザーッとこぼれてしまった時の話だ。

ビーズは止まることなく勢いよく床にあふれ出し、いろいろな意味で目の前が真っ白になったのを覚えている。さっさと片付ければいいのだが、静電気でゆらゆらと揺れるビーズの大群を見ながら、呆然と立ち尽くしてしまい、脳内ではなぜか「Ctrl+z(元に戻す)」のショートカットキーがリフレインしていた。

我に返って、掃除をしようとしたが、何から手をつければいいかわからない。まさに今回の「漠然と大変すぎて何したらいいかわからなくなった状態」である。「あ、集めないと……ちりとり……」「いや、まずゴミ袋か?」「そもそもこれ、可燃?不燃?」などと、筆者の脳内は見事に混乱し、「もうええ、とりあえず掃除機や!」と、それなりの結論がくだされるまで、5分以上も時間がかかった。こういう時に、箇条書きを実践すれば、もう少し早く掃除に取り掛かれたに違いない。

箇条書きをすることのメリット!

やるべきことを箇条書きにするのは、実は自分自身の脳内の整理だけでなく、相手に物事を伝える時にも非常に役立つ。箇条書きは、情報が相手の記憶に残りやすくなるので、要点が特定しやすいというメリットがあるのだ。

料理のレシピなんかも、まずはじめに箇条書きで、必要な材料が一覧化してあることが多い。これは家の中に比べて、情報量が圧倒的に多いスーパーでも、うっかり買い忘れを作らないようにするためである。

スマホのメモなどを使えば、箇条書きのメソッドは簡単に日常へと取り入れることができるので、皆さんも日々の中で「何から手をつければいいかわからなくなるような事態」に陥った時は、投稿者のmori yuuさんのイラストを思い出しながら、ぜひ試してみて欲しい。

※サムネイル画像(Image:「mori yuu(@0617Forest)さん」提供)

花澤瑠衣
編集/ライター・動画ディレクター。SNS全般が得意。推しスマホはGooglepixel。猫が好き。趣味は読書と酒。ルポタージュばかり読んでいる。

Instagram:@lui0710

苦節24年?「漠然と大変すぎて何をしたらいいのかわからない時の解決策」の漫画が話題、脳内整理に役立つ!のページです。オトナライフは、【SNSで話題Twitterで話題漫画】の最新ニュースをいち早くお届けします。