楽天モバイル0円廃止で注目の格安SIM、mineo「マイそく」人気の理由とは?

2022年6月末で月1GBまで0円のサービスを終了する「楽天モバイル」。これまで0円運用してきた人は、解約するかほかのサービスへの乗り換えを検討していることだろう。そんななか、楽天モバイルからの移転先として注目を集めているのが、格安SIM「mineo(マイネオ)」の「マイそく」というプランだ。いったいどうしてそんなに人気があるのか? 今回はmineoの料金プランについて解説したいと思う。

楽天モバイルの乗り換え先としてmineoが注目されている!

これまで月1GBまでなら0円という破格のサービスで加入者を集めてきた「楽天モバイル」。しかし、2022年6月末で月1GBまで0円のプランが終了され、7月1日からは最低でも月3GBまでで月額1,078円かかるようになった。詳しくはこちらの記事を確認してほしい。

そんななか、楽天モバイルからの乗り換え先として注目を集めているのが、mineo(マイネオ)の「マイそく」というプラン。

大手キャリアしか使ったことのない人にはあまり馴染みがないだろうが、「mineo」は独自のサービスやプランで非常に人気の高い格安SIMだ。

基本料金プランの「マイピタ」は月1GBの音声SIMで月額1,298円からと決して安くはないが、どうしてそんなに「マイそく」プランが注目されているのだろうか? 今回はそのワケをじっくり解説しよう。

●mineo(公式)→こちら

mineoで人気を集めている「マイピタ」

mineoは独特のサービスで人気を集めている格安SIM。基本料金プランの「マイピタ」は月1GBの音声付きプランで月額1,298円からと決して安くはないが、楽天モバイルからの乗り換え先として「マイそく」プランに注目が集まっている(画像は「mineo」公式サイトより転載)

そもそもmineoってどんな格安SIMなの?

「mineo」は、関西電力グループのオプテージが提供する格安SIM。ドコモ、au、ソフトバンクの3回線が選べるほか、他社ではあまり見られない独特のサービスが多く、今でも根強い人気がある。

実はmineoの基本料金プラン「マイピタ」は、月1GBの音声プランで月額1,298円からと決して安くはないが、実は独自サービスを利用することでお得に利用できる。

まず、使い切れなかったデータ量(パケット)は翌月に繰り越せるし、会員同士が余ったパケットを共有して月1GBまで分けてもらえる「フリータンク」を利用できたり、翌月に繰り越したパケットをグループでシェアできる「パケットシェア」などがとっても便利だ。

また、月額385円を払うと1.5Mbpsという低速で使い放題になる「パケット放題Plus」といった便利なサービスもある。しかも、パケット放題Plusは10GB以上のコースなら無料で利用できるのだ。

■mineo「マイピタ」料金表

データ量 月額料金
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円

mineoの基本プラン「マイピタ」は、月1GBで1,298円と楽天モバイルよりも割高。しかし、大手3キャリアのSIMが同料金で選択できるし、パケットを共有できるお得なサービスも多い(表はmineo公式サイトより編集部で作成)

●mineo「フリータンク」→こちら

mineo「フリータンク」

「フリータンク」はユーザー同士で余ったパケットを共有して、月1GBまで分けてもらえるサービス(画像は「mineo」公式サイトより転載)

●mineo「パケット放題Plus」→こちら

mineo「パケット放題Plus」

「パケット放題Plus」は月額385円を支払うと最大1.5Mbpsという低速度で使い放題になるサービス(10GB以上のコースは無料)。1.5Mbpsでも普通にWebサイトの閲覧や動画も楽しめる(画像は「mineo」公式サイトより転載)

楽天モバイル0円廃止で注目の格安SIM、mineo「マイそく」人気の理由とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidmineo格安SIM楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。