楽天モバイルから日本通信「合理的シンプル290プラン」に実際に乗り換えてみた!

楽天モバイルは月1GBまで0円を6月末で廃止。7月からは新プランに移行し、最低でも月額1,078円かかることになった。これまで楽天モバイルを0円運用していたユーザーの多くは、他社への乗り換えを検討していることだろう。なかでも注目を集めているのが、月1GBで月額290円という激安で話題の日本通信「合理的シンプル290プラン」だ。そこで今回は、筆者が実際に日本通信に乗り換えてみたので、その手順を写真付きで詳しく解説しよう。

月1GBまで月額290円の日本通信「合理的シンプル290プラン」ってどんなプランなの?

楽天モバイルは、2022年6月末で月1GBまで0円のプランを廃止する。7月からは最低でも月3GBまで月額1,078円の新プランに移行するため、0円運用していた人は、今から乗り換え先を探していることだろう。

楽天モバイルの0円廃止や乗り換え先の候補については下記の記事でまとめてあるが、なかでも注目を集めているのが、月1GBで月額290円という激安の日本通信「合理的シンプル290プラン」だ。

日本通信「合理的シンプル290プラン」はドコモ回線の格安SIMで、月1GBまで月額290円が基本となり、データ量は1GB/220円で加算される方式。最大100GBまで可能だが、月5GBを超えると必ずしも最安値ではない。

初期設定では上限が10GBに設定されており、使った容量だけ請求されることになる。仮に、データ量を月3.8GB使った場合は950円が利用料として請求されることになる。

注意したいのは、データ容量が上限値に達した時は速度制限ではなく“アクセス制限”がかかり、日本通信のWebサイトとマイページ以外はアクセスできなくなる点。もちろん、これは日本通信のマイページにアクセスして上限を上げればすぐに解除されるが……。

なお、2022年6月30日まではアクセス制限は行われず、暫定措置として低速度に制限されるそうだ。

また、日本通信「合理的シンプル290プラン」では物理的なSIMカードを使わない「eSIM」にも対応しているが、Rakuten Handなど、Androidスマホは動作保証対象外となっている。もし、楽天オリジナルスマホを使っている人は注意したい。

●日本通信「合理的シンプル290プラン」→こちら

■日本通信「合理的シンプル290プラン」の詳細

【月額基本料】290円(月1GBまで)
【回線】ドコモのみ(LTE PREMIUM 4G)
【データ追加】1GB/220円
※100GBまで1GB単位で追加可能
※申し込み時の上限は10GBまで
【国内通話】11円/30秒
【通話定額オプション】
・70分無料通話オプション(月額700円)
・通話かけ放題オプション(月額1,600円)
【留守番電話】330円
※転送電話は無料
【初期手数料】3,300円
【最低利用期間】なし
【解約金】なし
【MNP転出手数料】なし
【eSIM】対応
※Rakuten Handなど、Androidスマホは動作保証対象外

月1GBまで月額290円という価格は、今のところブッチギリで安い。とくに、楽天モバイルの電話番号をpovo2.0(au回線)ではなく、ドコモ回線でキープしたい人にはこのプランがおすすめとなる

楽天モバイルから日本通信「合理的シンプル290プラン」に乗り換える方法

それでは、実際に楽天モバイルから日本通信「合理的シンプル290プラン」に乗り換える手順を紹介しよう。

【1】Amazonで日本通信のスターターパックを購入

まず最初にすべきことは、Amazonで日本通信のスターターパックを購入することだ。実は日本通信の公式サイトからでも申し込めるが、初期手数料が3,300円かかってしまう。

これに対し、Amazonでスターターパックを3,000円で購入すれば、初期手数料が300円ほど安くなるしAmazonポイントも1%(30pt)ほどもらえるのだ。

もちろん、330円なんて気にしない、急いで乗り換えたい、ということなら日本通信の公式サイトから直接申し込んでも問題ない。

●Amazon「日本通信SIM 合理的プラン(申込パッケージ)(ドコモネットワーク)(音声通話付き)スターターパック NT-ST-P」は→こちら

Amazonで日本通信のスターターパックを購入1

日本通信の「スターターパック」をAmazonで買うと、1%ポイント還元と合わせて330円ほど節約できる。プライム会員なら1〜2日で届くはずだ(画像はAmazonから転載)

Amazonで日本通信のスターターパックを購入2

こちらが実際に届いた「スターターパック」の中身。手順説明のQRコードをスマホで読み込めば、すぐに申し込みページが開く。また、同梱された紙に「申し込みコード」が記載されており、これで初期手数料が割引になる(筆者撮影)

【2】楽天モバイルでMNP予約番号を入手する

Amazonから日本通信のスターターパックが手元に届いたら、次に楽天モバイルで「MNP予約番号」を入手しよう。

「MNP(携帯電話番号ポータビリティ)」とは、楽天モバイルで使っていた電話番号をキープして他社へ乗り換えるサービスのこと。もし、電話番号を放棄するなら楽天モバイルは解約してOKだ。

MNP予約番号を取得するには、スマホで「my楽天モバイル」アプリを開き、「契約プラン」から「その他のお手続き」の「手続きへ進む」をタップ。

「他社へのお乗り換え(MNP)」で簡単なアンケートに答えたら「予約番号を発行する」を押せば、その場ですぐに10桁のMNP予約番号が発行されるはずだ。

このMNP予約番号は約2週間有効で、もしその間に日本通信で手続きをしなければ無効となり、そのまま楽天モバイルを利用し続けられる。もちろん、手数料などは一切かからないぞ。

●楽天モバイル「MNP予約番号の発行方法や他社へ転出する際の注意点」→こちら

楽天モバイルでMNP予約番号を取得する手順

楽天モバイルでMNP予約番号を取得する手順1

まず「my楽天モバイル」アプリを起動する(左写真)。ホームが表示されたら画面右上の「メニュー」をタップしよう(右写真)

楽天モバイルでMNP予約番号を取得する手順2

メニューから「契約プラン」を選択し(左写真)、画面を下にスクロールして「その他のお手続き」の「手続きへ進む」をタップする(右写真)

楽天モバイルでMNP予約番号を取得する手順3

「他社へのお乗り換え(MNP)」を選択する(左写真)。アンケートにすべて回答したら「MNP予約番号を発行する」をタップしよう(右写真)

楽天モバイルでMNP予約番号を取得する手順4

その場で「MNP予約番号」が発行された。この10桁の数字と、有効期限はメモを取っておこう。なお、2週間以内に日本通信への乗り換え手続きをしないと無効になる

楽天モバイルから日本通信「合理的シンプル290プラン」に実際に乗り換えてみた!のページです。オトナライフは、【iPhone&Android日本通信格安SIM楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。