「PayPayあと払い」と「PayPayカード払い」は結局どっちがお得なの?

結局「PayPayあと払い」と「PayPayカード」は何が違うの?

ここまでの説明で「PayPayあと払い」と「PayPayカード」は、どちらも翌月に口座引き落としできたり、PayPayポイントがもらえるなど、非常によく似たサービスなので少し混乱している人もいるだろう。

まず、PayPayカードのリアルカード(プラスチック製カード)は、通常のクレジットカードなので、国際ブランドの加盟店などで使えば、1%還元されるので分かりやすい。

ややこしいのは、PayPayカードをPayPayの支払いで使う場合だ。実は、PayPayでは2022年2月28日から、新規でPayPayカードを“PayPayの支払い方法”として登録することはできなくなっている。

したがって、2月28日以前から登録していた人だけがPayPayの支払い方法としてPayPayカードを利用できるが、それ以外の人は現状では「PayPayあと払い」しか使えないのである。

事実、筆者はもともとヤフーカードをPayPayに登録していたが、気が付いたらヤフーカードがPayPayカード(PayPayあと払い)に切り替わっていた。

ところが、PayPayの支払い方法としてヤフーカードを使っていなかったため、PayPay残高へのチャージは以前から登録してあった「銀行口座」か「PayPayあと払い(PayPayカード)」しか選択できないようになっていた。

ちなみに、PayPay内のクレカは切り替わったが、筆者は12月が誕生月なのでリアルカードのほうはまだ手元に届いていない。

筆者はもともとヤフーカードを登録していたが、気が付いたらPayPayカード(PayPayあと払い)に切り替わっていた(左写真)。現状、残高へのチャージは以前から登録してあった「銀行口座」か「PayPayあと払い」しか選択できない(右写真)

結局どっちがお得になるの?

ここまでPayPayあと払いとPayPayカードについて説明してきたが、結局どっちがお得なのだろうか?

まず、PayPayあと払いはPayPayアプリの機能なのでPayPay加盟店で利用できるが、PayPayカードはクレカの国際ブランド加盟店で使用できる点が異なる。

いずれにせよPayPayポイントが貯まるので、お店によって利用できるほうを使い分ければいいだろう。

ポイントになるのはPayPay STEPだ。もし、1.5%還元をキープしているなら、できるだけPayPayあと払いを利用すればいいし、PayPay STEPで0.5%還元の人は、1%還元のPayPayカードを利用したほうがよい。

PayPayあと払いとPayPayカードの違い

PayPayあと払い
利用可能場所 PayPay加盟店(一部のオンライン決済に対応/請求書払いは非対応)
利用可能タイミング 入会後即時
審査完了後にPayPayの支払い方法に自動登録
利用特典 定常特典 前月の利用状況に応じて、0.5%~1.5%のPayPayポイント付与(PayPaySTEPのカウント対象)
PayPaySTEP
PayPayカード特典 対象外
PayPayカード
利用可能場所 クレジット加盟店(オンライン決済) クレジット加盟店(実店舗)
利用可能タイミング 入会後即時 郵送にて入会から約1週間
PayPayアプリ上でカード番号表示
利用特典 定常特典 対象外
PayPaySTEP
PayPayカード特典 利用金額の1%のPayPayポイント付与(基本特典0.5%+利用特典0.5%)

「PayPayあと払い」はPayPay加盟店で利用でき、PayPay STEP対象となり0.5〜1.5%還元される。「PayPayカード」は国際ブランド加盟店で利用でき、PayPay STEP対象外で利用額の1%が還元される(PayPayカード公式サイトを元に編集部で作成)

なお、PayPayでは現在「PayPayでのPayPayあと払い、PayPayカード決済で最大1%戻ってくるキャンペーン」が実施されている。

このキャンペーンでは「PayPayあと払い」または「PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)」を選択して決済すると、通常のPayPayポイント還元に加えて1%が上乗せされる。

つまり、PayPay STEPで1.5%還元をキープしている人は1.5%+1%=2.5%もポイント還元されるのだ。ただし、このキャンペーンは2022年6月30日に終了されるので、今のうちに大きな買い物をしておきたいところ。

●PayPay「PayPayでのPayPayあと払い、PayPayカード決済で最大1%戻ってくるキャンペーン」→こちら

(Image:paypay-card.co.jp)

このキャンペーンでは「PayPayあと払い」の利用で通常のPayPay STEPのポイント還元に+1%が加算されるため、最大2.5%還元となる。ただし、上限は2,500pt(回および月)までとなっている

まとめ

いかがだろうか? PayPayあと払いは事前にチャージして残高払いするよりも、支払いが後回しにできるのが大きなメリットだ。

また、PayPay残高が不足して、レジで焦って銀行などからチャージする必要もないので、今後はPayPayアプリの決済方法はPayPayあと払いがデフォルトになるだろう。まだ使っていない人は是非一度試してみてほしい。

もちろん、PayPay STEPで1.5%還元をキープしているなら、積極的にPayPayあと払いを利用すればいいだろうし、逆にPayPay STEPで1.5%還元を達成するのが困難だと感じる人は、PayPayカードのリアルカード決済で1%還元をゲットしたほうがいい。

ただし、PayPay STEPではPayPay払いのポイント還元だけでなく、PayPayモールやYahoo!ショッピングで最大15.5%もポイント還元されるので、PayPay・ソフトバンク経済圏にオールインしている人なら、PayPay STEPの対象となるPayPayあと払い一択になるだろう。

ちなみにPayPay STEPの条件は、2022年6月から変更されるので、詳しく知りたい人はこちらの記事をチェックしてこう。

藤原博文
編集・ライター。長年、パソコンやスマホ、サブカル関連雑誌の編集部を渡り歩いてきた編集者。個人的に株式、投資信託、FXなどの投資活動を活発に行っているほか、クレカや電子マネー、スマホ決済アプリなどのポイ活にものめり込み、最近はマネー系の記事も数多く手掛ける。

「PayPayあと払い」と「PayPayカード払い」は結局どっちがお得なの?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayPayPayあと払いPayPayカードPayPayの使い方QRコード決済】の最新ニュースをいち早くお届けします。