楽天モバイルの乗り換え先で人気の「povo2.0」のメリットとデメリットを解説

楽天モバイルが0円プラン廃止を発表したことで、移行先の有力候補となっているのが、auの格安プラン「povo2.0」だ。povo2.0は基本料0円で契約できるので、楽天モバイルの乗り換え先としては最適。しかし、povo2.0にもデメリットはある。もし、これからpovo2.0に乗り換えるつもりなら、事前に確認しておくべきだろう。そこで今回は、povo2.0のメリットとデメリットについて解説したいと思う。

povo2.0はサブ回線として維持するには最適!

楽天モバイルが2022年6月末で0円プランを廃止することで、慌てて解約したり移行先を探している人も多いことだろう。

そんななか、楽天モバイルの移転先の有力候補として注目を集めているのが、auの格安プラン「povo2.0(ポヴォ)」だ。

povo2.0は基本料0円で、自分に合ったデータトッピング(データ量)を追加するスタイル。ただし、データトッピングを追加しないとデータ通信速度は128Kbpsという低速になるので、電話やメールは使えるが、Webサイトの閲覧は厳しい。

単にサブ回線として電話番号を維持するだけならそれでもいいが、メイン回線と使うためにはデータトッピングを購入しないと、スマホとしては満足に使えないのである。

それ以外にもpovo2.0を使うにはさまざまな注意点があるし、逆にほかのプランにはないメリットもたくさんある。

そこで今回は、楽天モバイルから乗り換える前に確認しておきたいpovo2.0のメリットとデメリットを解説しよう。

なお、楽天モバイルは月1GBまでであれば7月・8月は0円、9月・10月は最低利用料と同額の1,078ptがポイント還元されるので、事実上10月まで無料で利用できることも覚えておきたい。

●povo2.0(公式)→こちら

povo2.0

povo2.0はauの格安プラン。基本料0円で契約でき、データ通信量はトッピングを自分で追加する方式となっている(画像は「povo」公式サイトより転載)

povo2.0にはどんなメリットがあるの?

povo2.0のメリットは何といっても基本料が0円であること。データトッピングを購入しないと、スマホとしては満足に使えないが、電話番号を維持するだけなら最適だ。

もちろん、180日間に1回はトッピングを購入するか、電話やSMSの利用料が660円以上ないと契約を解除されてしまうが、「smash.使い放題パック」なら1回220円なので、たった440円で1年間維持できる。povo2.0のトッピングについては、こちらの記事を参考にしてもらいたい。

次に、povo2.0をメイン回線で利用するときは大手キャリア(MNO)のau回線が使えるため、格安SIM(MVNO)より高速で安定しているのが◎。もちろん、高速な5G回線も利用可能だ。

また、povo2.0は物理SIMカードがいらない「eSIM」にも対応するので、乗り換えが非常に簡単なのもメリット。サブ回線として利用するならeSIM+SIMカードでのデュアルSIM運用もしやすい。

ほかにも、povo2.0では2年縛りや最低利用期限はないほか、新規契約事務手数料や解除料、MNP転出手数料なども一切かからないので、いつでも乗り換えできるのがうれしい。

最後に注目したいのがpovo2.0特有のサービス「#ギガ活」だ。#ギガ活とはさまざなアクションでデータ量をもらえる制度で、#ギガ活をすればするほど、高速データ通信ができるようになる。

#ギガ活には、au PAYで買い物をするとデータ容量がもらえる「もらう」や、街中やバーチャル空間でキャラクターなどを探す「さがす」、抽選でデータ容量が当たる「あたる」という3つのアクションが用意されている。

現状は「もらう」が中心だが、筆者も楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えてから、さっそく#ギガ活を行っているので、このあと#ギガ活の具体的な方法を紹介しよう。

■povo2.0のメリット

【1】基本料0円で維持できる(年間440円のトッピング購入が必要)
【2】大手キャリアのau回線が使える(格安SIMより高速で安定&高速5G回線も利用可能)
【3】eSIMが利用できる(乗り換えやデュアルSIM運用が楽になる)
【4】最低利用期限、新規契約事務手数料、解除料、MNP転出手数料などが一切なし(乗り換えやすい)
【5】「#ギガ活」でデータ通信量をもらうことができる

povo2.0のメリット1

povo2.0は、人口カバー率99.9%で日本中どこでもつながる安心のau回線が利用できるほか、高速5G回線も利用可能(画像は「povo」公式サイトより転載)

povo2.0のメリット2

物理SIMカードがいらない「eSIM」にも対応するので、ひとつのスマホで2つの回線を利用できるデュアルSIM運用もしやすい

povo2.0のメリット3

さまざなアクションでデータ通信量をもらえる「#ギガ活」。たとえばau PAYを使ってローソンで500円以上買い物をすると300MB(3日間)がもらえる(画像は「povo」公式サイトより転載)

楽天モバイルの乗り換え先で人気の「povo2.0」のメリットとデメリットを解説のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidaupovo2.0楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。