Twitterの「DM解放」のやり方!設定方法と「解放しないとどうなるか」を解説

Twitterには、アカウント間でやりとりができるDM(ダイレクトメッセージ)という、当事者以外にはやり取りを非公開にできる機能があります。しかし、DMはどのアカウントにも送れるわけではありません。フォローされていない相手にDMを送りたい場合、相手が「DM解放」していなければ送ることができません。この記事では「DM解放」について詳しく解説します。

Twitterの「DM解放」とは

「DM解放」は、フォロワー以外のアカウントからもDMを受け取る機能のこと。DMは基本的にフォロワーもしくは以前にDMをやり取りしたアカウントからのみ受信可能。しかし、あらかじめ「DM解放」の設定をしておけば、フォロワー以外からもDMを受け取ることができます。

Twitterの「DM解放」とは1

【左】DM解放前のプロフィール画面【右】DM解放後のプロフィール画面。なお登録後、特に設定しなければDMは解放されません。デフォルト設定ではフォロワーおよび以前DMのやりとりをしたアカウントからのみ、DMを受信可能

ちなみに「DM解放」はあくまで受信に関する機能。「誰にでもDMを送信できるようになる機能」ではない点に要注意。

またDM解放をすると自分が非公開アカウント(鍵垢)であっても、フォロー外からのDMを受信可能になります。自分が鍵垢の場合、それほどフォロー外のアカウントとの交流を望んでいないこともあるでしょう。DM解放をするべきかどうか慎重に検討しましょう。

TwitterでDMを解放するための設定方法

以下の手順で、TwitterでDMを解放することができます。

TwitterでDMを解放するための設定方法1

【1】ホーム画面左上のプロフィール画面をタップし、①「設定とプライバシー」に進みます。【2】②「プライバシーと安全」をタップします

TwitterでDMを解放するための設定方法2

【3】①「ダイレクトメッセージ」をタップします。【4】②「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」のスライドボタンをオンにして完了です

フォロー外からメッセージが届くと「メッセージリクエスト」扱いになる

フォローしていないアカウントからのはじめてのメッセージは通常の「メッセージ」ではなく「メッセージリクエスト」扱いになります。

フォロー外からメッセージが届くと「メッセージリクエスト」扱いになる1

フォロー外からのはじめてのメッセージは「メッセージリクエスト」扱いとなります。メッセージリクエストは、「許可」「削除」「ブロックまたは報告」のいずれかを選ぶことができ、「許可」を選ばないとその後のやり取りをすることはできません

TwitterでDM解放をしないとどうなる?

TwitterでDM解放をしない場合、単純にフォローしていないアカウントからのDMを受け付けることはできません。

特に自分が非公開アカウント(鍵垢)にしている場合、自分に興味を持ってくれたアカウントとの交流の機会を失ってしまう可能性もあります。

一方、DM解放をしていることによってスパムDMを防ぐことができるというメリットもあります。

鍵垢でもDMを解放することは可能?

先述した通り、鍵垢であってもDMを解放することは可能です。

DM解放する手順は、鍵垢でない場合とまったく同じです。

鍵垢でもDMを解放することは可能?1

DM解放しているアカウントには、フォロワーでなくともDMを送ることができます

まとめ

DM解放すると、知らないアカウントとも最初から非公開のやり取りをすることが可能になります。一方、スパムや迷惑DMも増える可能性もあるので、怪しいアカウントからのメッセージリクエストは許可しないように気を付けましょう。

※サムネイル画像(Image:Sandu Herta / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitterの「DM解放」のやり方!設定方法と「解放しないとどうなるか」を解説のページです。オトナライフは、【SNSDM解放TwitterTwitterの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。