メルカリの送料値上げで少しでも利益を減らさないための6つのワザを解説

人気No,1のフリマアプリ「メルカリ」は、2022年6月16日から送料を改定すると発表した。今回の送料改定は、人気の匿名配送「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」も対象になっている。送料が高くなれば、その分メルカリでの利益が減ってしまう……。そこで今回は、送料値上げの負担を少しでも減らすワザを6つ紹介しよう。

メリカリの送料が6月16日から最大150円も値上げに!

公式サイトの発表によると、2021年9月の単月で月間利用者数が2,000万を超える人気フリマアプリ「メルカリ」。そのメルカリが、2022年6月16日から配送サービスの利用料金を一部値上げするのはご存じだろう。

詳細はこちらの記事で説明しているので確認してほしいが、なんと、最大150円も値上げされることになったのだ。

メルカリでは、出品の際に商品が売れやすくなるよう、送料を出品者負担にしていることが多いと思うが、今回の送料値上げで、その分利益が減ってしまうことに……。そこで今回は、できるだけメルカリの送料を抑えられるワザを紹介しよう。

●メルカリびより「メルカリ便の配送サービス料金改定のお知らせ」→こちら

メルカリ便の配送サービス料金改定のお知らせ(Image:jp-news.mercari.com)

2022年6月16日より、らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便のサービス料金が改定される(画像は「メルカリびより」公式サイトより引用)

メルカリの送料値上げで少しでも利益を減らさないための6つのワザを解説のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフメルカリメルカリの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。