ついにEUが充電器「USB-C」統一の法案合意、iPhoneのLightning消滅にファンは賛否両論

アップルにとっては大きな打撃になる法案が欧州連合(EU)で可決される見通しだ。スマートフォンやタブレットなどの充電器端子を「USB-C」に統一するという内容で、年内にも正式承認されるという。アップルでは独自のコネクタ・Lightning端子を使っているが、以前から他のデバイスとの互換性がないことで、一部のユーザーは不満を抱いていた。

EU域内で流通する製品に「USB-C」を義務化

(Image:Primakov / Shutterstock.com)

アップルユーザーのUSB-C派とLightning派に、まさかの形で決着がつきそうだ

6月7日、EUの加盟国と欧州議会(European Parliament)は、EU域内で販売されるスマートフォンやタブレットなどの充電器端子をUSB-C規格に統一することで合意したと発表した。規制案の正式な承認はまだだが、2024年秋の施行までに、すべてのメーカーが対応する必要があるという。

端子を統一するメリットとしてEUが挙げるのは、電子機器の産業廃棄物の削減だ。また消費者にとっては、端子の共通化による利便性の向上、新しいデバイスを購入するたびに新品の充電器を揃えるコストが省けるとしており、規制は圏内の電子製品をより持続可能にする取り組みになるという。

規制によって大きなあおりを受けるのはアップルだろう。ご存じのように、アップル製品であるiPhoneやiPadの充電器は、Lightning端子という独自の規格を使用している。EU27カ国に流通させるアップル製品のすべてがLightning端子からUSB-Cへ統一するとなれば、日本を含む他の地域で販売する製品でも標準となる可能性は大いにある。

ついにEUが充電器「USB-C」統一の法案合意、iPhoneのLightning消滅にファンは賛否両論のページです。オトナライフは、【デバイスiPhoneiPhoneの噂まとめLightningケーブルUSB-C】の最新ニュースをいち早くお届けします。