アップル、USB-C統一化は「想定内」? iPhone 15はProモデルのみ採用との予測

EU圏内で、スマートフォンやタブレットなどの電子機器の充電器端子に対する規制を行なう方針が示された。特に大きな影響を受けるのはiPhoneやiPadなどを手掛けるアップルだが、これまで報じられてきたリーク情報からは、企業としてまったくの「寝耳に水」というわけでもなさそうなようすが察せられている。

EUの充電端子統一化、反発していたアップル

USB-CとLightningケーブル(Image:charnsitr / Shutterstock.com)

来たる統一化に向けて、アップルはどのように舵を切るのか?

6月7日、EUの加盟国と欧州議会(European Parliament)が10年以上にわたって推進してきた充電器端子の統一化がついに合意に至った。新たに施行される法案により、充電器のコネクタはすべて「USB-C」に統一。EU圏内で販売されるスマホやタブレット、デジタルカメラやイヤホン、携帯型ゲーム機など充電して使用するさまざまなデバイスに適用される。今後、正式な承認を経て2024年秋に施行となる予定であり、メーカーには2年間の準備期間が与えられたかたちとなる。

USB-Cの採用率が比較的高いAndroid端末への影響に比べると、iPhoneやiPadへの影響は大きい。これまでアップルはUSB-C規格から意識的に外れて、独自のLightning端子を使った充電器を採用してきたが、多くの製品を今後USB-Cに変えていかねばならないからだ。そのため規制化には強く反発していたアップルだが、水面下では統一は避けられないものと予測していたのだろう。2023年秋に発売される見込みの「iPhone 15(仮称)」シリーズのリーク情報では「USB-Cが搭載される」といった内容のものも少なくない。

アップル、USB-C統一化は「想定内」? iPhone 15はProモデルのみ採用との予測のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneLightningケーブルUSB-C】の最新ニュースをいち早くお届けします。