「逆写真詐欺」が話題のコメダ珈琲店のライバルチェーンが判明、1位はやっぱり…!

コメダ珈琲店といえば名古屋発祥の人気喫茶店だが、ここ十数年で関東のみならず全国各地に店舗網を広げている。今回は2022年6月3日に実施された、スパコロ調べ「利用実態調査 コメダ珈琲店編」の結果から、コメダがどのような目的で利用されているのか、どのような店舗がライバルとなっているかについてお伝えしていきたい。

コラボメニューが次々ヒット!

コメダ珈琲店のコラボメニュー

期間限定の魅力的なコラボメニューは、食べ逃すまいと消費者心理を掻き立てる(画像は公式サイトより引用)

メニュー表の写真でイメージするサイズよりもだいぶボリュームのあるメニューが提供されることから、SNSなどでもたびたび「逆写真詐欺」が話題となるコメダ珈琲店。そのようなコメダの「認知率」は78.8%となった。そしてそのうち「利用経験率」は55.7%、「現在利用率」は26.1%。また、「月1回以上利用」しているヘビーユーザーは6.3%いることがわかった。

コメダ珈琲店のほかに候補にあがる店のある・なし

コメダ珈琲店のほかに候補にあがる店の有無」について「ある」の回答が合計65.7%という結果(スパコロ調べ)

そして「コメダ珈琲店のほかに候補にあがる店の有無」についての質問では、「ある」が合計65.7%という結果に。およそ3人に2人はコメダと比較するライバル店舗があるという現状が明らかとなった。

では、はたしてどんなお店がコメダのライバルとして認識されているのだろうか。

利用目的の1位は「サードプレイス」として

コメダ珈琲店の競合として想起されるお店は?

全体的に喫茶店系の店舗がライバルとして認識される傾向が強いようだ(スパコロ調べ)

「コメダ珈琲店の競合として想起されるお店は?」という質問から明らかとなったライバル店舗のランキングでは、第5位となったのは「タリーズコーヒー」だった。回答率は5.2%だ。そして4位はこちらも“日本の喫茶店”の雰囲気が色濃い「星乃珈琲店」で、回答率は13.7%と一気に増えている。

トップ3に入り3位は「ドトールコーヒー」で15.4%、2位は外食チェーンの代表格である「マクドナルド」(17.8%)となった。上位を喫茶店チェーンが占める中でハンバーガーチェーンが2位に食い込むのは、さすがマクドナルド、といったところか。

そして、もっともコメダのライバルとして認識されているのは「スターバックス」となった。回答率は24.4%と2位のマックすらも大きく引き離し、4人に1人は「コメダのライバルはスタバ」だと考えているようだ。このランキングについてスパコロは「サードプレイスとしての利用が想定されるブランド・お店が競合の対象として見られていることが推察されます」と分析していた。

スターバックスコーヒー(Image:yu_photo / Shutterstock.com)

コメダ珈琲店の最大のライバルはスタバに

自宅でも職場でもない、リラックスできる空間であるサードプレイス。日本国内でその言葉が流行する前からも、コメダをはじめとした喫茶店はホッと一息つく場所として愛されてきたことは間違いないが、サードプレイスという言葉が浸透することで、あらためてその価値が世の中に広まったかもしれない。

「少しリラックスしたい」と思ったときにはコメダに寄って、逆写真詐欺の巨大メニューたちで一息ついてみてはいかがだろうか。

※サムネイル画像(Image:image_vulture / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「逆写真詐欺」が話題のコメダ珈琲店のライバルチェーンが判明、1位はやっぱり…!のページです。オトナライフは、【グルメコメダ珈琲店スターバックスドトールコーヒーマクドナルド星乃珈琲店】の最新ニュースをいち早くお届けします。