最新! メルカリで出品禁止になっている商品まとめ【2022年6月】

“何でも売れる”と評判のフリマアプリ「メルカリ」。アナタも家のなかにある不用品を出品してお小遣い稼ぎをしているのでは? だが、メルカリでは意外なものが出品禁止になっている場合もあり、何でも出品していいわけではない。知らずに出品してしまうとペナルティ(利用制限)を受けてしまうかも? なかには一瞬「何でこれがダメなの!?」と思うものもあるので、是非チェックしてみてほしい。

出品禁止商品を出品するとペナルティ(利用制限)を受けることも!

誰でもすぐに不用品を売買できて便利な「メルカリ」。だが出品する前に「出品禁止商品」の確認だけはしておきたい。

偽ブランド品や武器、ドラッグなど、そもそも違法な商品は説明するまでもないだろうが、たとえば、使用済みの制服や記念硬貨、開封済みのサプリメントなど、一瞬「どうしてこれが?」と思ってしまうものも出品禁止になっていることがある。

知らずに出品してしまうと、アカウントの停止、最悪の場合はアカウントが削除されてしまうこともある。出品禁止商品は日々更新されているので、メルカリ歴が長いベテランであっても定期的にメルカリガイドをチェックしておこう。メルカリが課すペナルティ「利用制限」についてはこちらでも詳しく解説している。

●メルカリガイド(公式)→こちら

【1】転売目的のチケットなど

コンサートやスポーツの試合などのチケット類は、メルカリでは基本的には出品禁止になっていない。

ただし、転売目的とみなされたもの、個人情報の登録があるもの、航空券や乗車券、旅行券など、条件によっては違反となるものもある。詳細は「メルリびより」で解説されているので、確認してほしい。

●メルカリびより「チケットの出品における注意点」→こちら

■出品NGなチケットとは?

・転売目的で得たとみなされるチケット
・記名式チケットや、個人情報の登録のあるチケット
・航空券、乗車券、旅行券
・使用が利用者本人に限られているもの
・出品者の手元にない、まだ発券されていない状態のチケット類(予約番号のみも含む)
・代金支払い証明書・引換票・別途支払いが必要となるチケット
・その他、上記と同等とみなされるもの
(メルカリびよりより抜粋)

ちなみに、上記の条件に当てはまらないチケットであっても、チケットの全体像が映っている画像を掲載する必要があるので要注意!

とはいえ、個人の特定を防ぐためにチケットの「席番号、発券店舗名、2次元コード、バーコード」の項目を付箋や画像加工して隠すことは問題ない。

また、現在では電子チケットやQRコードなどの電子クーポンなど、電子データもトラブル回避のため無条件で出品が禁止されている。

転売目的のチケットなどは出品禁止

コンサートやスポーツ、イベントなどのチケット自体は出品禁止ではないが、条件によっては出品禁止の対象になるので注意が必要だ(画像はイメージです)

【2】衛生マスク

新型コロナウイルスはメルカリの商品にも影響を与えている。その代表例が一時期品切れになって高値で転売された「衛生マスク」だ。

これは、2020年に国が定めた「国民生活安定緊急措置法」に基づくもの。同年8月末には解除されたものの、現状でも新型コロナウイルスが完全には収束していないため、メルカリでは、その後も衛生マスクの転売は禁止となっている。

●国民生活安定緊急措置法による転売規制についてのQ&A→こちら(PDF)

ただし、個人が自作したマスクやインナーマスク(マスクの下に入れるもの)の出品は問題ない。

新型コロナウイルス関連では、マスク以外にもPCR検査キット、新型コロナウイルスワクチン接種券、リーグ観戦チケットやプロ野球の観戦チケットなど、感染防止対策の妨げの恐れがあるチケット類の出品も禁止となっている。

今後、事態が収束すれば出品が可能となる商品もあるはずなので、チェックしておきたい。

自作のもの以外の衛生マスクは出品できない

自作のもの以外の衛生マスクは出品できない。また、PCR検査やワクチン接種券など、コロナに関連する商品も禁止だ。写真は今となってはちょっと懐かしい通称“アベノマスク”(筆者撮影)

最新! メルカリで出品禁止になっている商品まとめ【2022年6月】のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフメルカリメルカリの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。