「Internet Explorer」の終焉…ネット上にはさまざまな方法で別れを惜しむユーザーも

一斉を風靡したブラウザ「Internet Explorer」がいよいよ終わりを迎える。日本時間の6月16日、Windows 10における「Internet Explorer 11(IE11)」のサービスが終了するためだ。今後はIEを起動しようとしても、後継機種であるマイクロソフトの「Edge」が起動するようになるなど、本格的にIEがつかえなくなることとなるという。

今回は、そのようなIEの終了についてお伝えしていきたい。

IEの終わり、ネット上では墓石の画像も

Internet Explorer最後のバージョンとなった11

Internet Explorer最後のバージョンとなった11のサービスが終了した(画像は「Windows Blog for Japan」公式ブログより引用)

インターネット黎明期を経験してきた人には、感慨深いものがあるのではないだろうか。1995年に公開されたインターネットブラウザの「Internet Explorer」が、6月16日に27年の歴史に幕を降ろす。マイクロソフトは公式ブログを通して「Internet Explorer 11はサポートを終了しました。長年のご愛顧ありがとうございました。」と言うメッセージを発表した。

ネット上では、一時代を築き上げたプロダクトとの別れに大いに盛り上がっている。「Internet Explorerのサポートが終わるらしいので作った」と、IEのロゴを刻んだ墓石の画像をツイートする人や、「Internet Explorerのが完全終了らしいので、わが家最古のIEで阿部寛のホームページを閲覧」と年季の入ったWindowsを立ち上げ、数十年近く前のフレーム仕様が現役であることで有名な俳優・阿部寛の公式サイト(→こちら)を見て楽しむ人など、それぞれが思い思いの方法でIEとの別れを惜しんでいた。

「Internet Explorer」の終焉…ネット上にはさまざまな方法で別れを惜しむユーザーものページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスInternet ExplorerMicrosoft Edgeブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。