日本のiPhone価格は円安でも世界最安!iPhone 14は訪日外国人と争奪戦の可能性?【MM総研調べ】

iPhoneは世界中で販売されているが、各国での販売価格が大幅に異なるのはご存じない方も多いのではないだろうか。今回調査を行ったのはMM総研。

調査対象となったのは「iPhone 13(128GB)」(以下、iPhone 13)、「iPhone 13 Pro Max(1TB)」(以下iPhone 13 Pro Max)、「iPhone SE(第3世代)(64GB)」(以下SE3)の3機種。2022年6月時点における34の国・地域のアップルオンラインストアの価格を比較分析し、6月1日時点の為替レートに基づき円換算している。日本でのiPhone販売価格は安い?それとも高い?

日本ではiPhoneが安く手に入れることができる!?

世界のiPhone販売価格(2022年6月時点)

ブラジルでは40万円以上する機種も(​「MM総研」調べ)

結論から言うと、日本でのiPhone価格は世界的に見て安価である。2022年6月時点の日本販売価格は、iPhone 13が98,800円、iPhone 13 Pro Maxは194,800円、iPhone SE3は57,800円で、3機種すべてが34の国・地域の中で最安を記録したという。

また、最近の急激な円安が始まる前の2021年9月時点の為替レートを採用した価格で比較しても、iPhone 13が2番目、iPhone 13 Pro Maxが3番目、iPhone SE3が11番目に安く、日本ではiPhone販売価格は安い水準となっていることが判明した。

そして日本に続き2番目に安いのは、消費税や付加価値税がない香港。また、タイ、韓国、マレーシア、台湾などアジア圏で安い傾向にある。

一方で、販売価格が高い国はブラジルだった。iPhone SE3では114,504円と日本と比べて2倍の価格。さらに、iPhone 13が207,221円、iPhone 13 Pro Maxが408,278円と、2.1倍もの価格だというから驚きの高値だ。ブラジルに続いて高い販売価格の国はトルコ、メキシコだった。

日本のiPhone価格は円安でも世界最安!iPhone 14は訪日外国人と争奪戦の可能性?【MM総研調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。