iPhoneの画面上に表示されたQRコードを読み込む方法 – LINEやGoogleレンズがオススメ!

ポスターや本などに掲載されているQRコードは、iPhoneのカメラで読み込めば、目的のWebサイトにすぐ飛ぶことができて便利だ。でも、iPhoneの画面上に表示されたQRコードって、いったいどうやって読み込めばいいのだろうか? そこで今回は、そんな素朴な疑問を解決するために、iPhoneの画面上のQRコードを読み込む方法を紹介しよう。

実はiPhoneの画面上に表示されたQRコードも読み込める!

連絡先の交換にキャッシュレス決済、今や私たちの生活に欠かせない存在となった「QRコード」。

店舗のポップや雑誌に載っているQRコードなら、iPhoneのカメラで読み込めば簡単にリンク先のWebサイトに飛べるはず。でも、自分のiPhoneの画面上に表示されているQRコードとなると“お手上げ”という人も多いだろう。

実は、iPhoneの画面上に表示されたQRコードを使って、目的のWebサイトに飛ぶ方法は大きく分けて3つある。そこで今回は、この3通りの方法を写真付きでじっくり紹介していこう。

iPhoneの画面上に表示されたQRコード

Webサイトを見ているとQRコードが表示されていることがある。しかし、スマホのカメラでは画面上のQRコードを読み込めないので、どうやってスキャンすればいいか分からない人も多いはず……(一部編集部で加工しています)

iPhoneの画面上のQRコードを読み込むにはどうすればいい?

iPhoneユーザーにはお馴染みのWebブラウザ「Safari(サファリ)」。実は「Safari」には、iOS 11のアップデートでQRコードをスキャンする機能が密かに追加されたのをご存じだろうか?

スキャン方法は非常に簡単で、表示されたQRコードを長押ししてアクセス先を選択するだけでいい。「Safari」でWebサイトを見ているときに、もし、QRコードが表示されたら長押ししてみよう。

Safariのブラウザ上に表示されたQRコードを読み込む方法

Safariのブラウザ上に表示されたQRコードを読み込む方法

iPhoneのWebブラウザ「Safari」でQRコードが表示されたら、QRコードを長押ししてみよう(左写真)。すると、メニューが表示されるので、ここから「開く」を選べばいい(右写真)

iPhoneの画面上に表示されたQRコードを読み込む方法 – LINEやGoogleレンズがオススメ!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidGoogleレンズiPhoneiPhoneの使い方LINEQRコードSafariパソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。