Instagramのアカウントを一時停止/削除(完全退会)する方法

Instagram(インスタ)のアカウントは、実はアプリ内から「一時停止」や「削除」ができません。ブラウザ版でログイン後「削除専用ページ」での手続きが必要なので少々面倒です。本記事では、Instagramのアカウントを一時停止・完全削除する方法を画像付きで解説します。

Instagramのアカウントは「一時停止」と「削除」ができる

Instagramの利用を止めたいときは、アカウントの「一時停止」と「削除」2つの方法があります。一時停止と削除は下記のようにまったく異なるので、混同しないよう注意してください。

インスタの止め方 一時停止 完全削除
意味 休止 退会
投稿やフォロワーなどの情報 すべて残る すべて消える
アカウントの復旧 いつでも可能 二度とできない
どのような場合におすすめか インスタ活動を少し休みたい
また使う可能性がある
すべてのデータを消したい
インスタをもう使わない

アカウントの「一時停止」と「完全削除」は、他ユーザーから見えない状態になる点では同じです。ただし、一時停止だと後からアカウントを復活できますが、削除するとデータが完全に消えます。そのため、インスタをまた使う可能性がある場合は「一時停止」を、インスタをもう使わない場合は「削除」を選ぶことを推奨します

Instagramのアカウントの削除(退会)方法

Instagramアカウントを完全削除(退会)するためには、ブラウザで削除専用ページにアクセスし、下記の手順で進める必要があります。今回はiPhoneのSafariブラウザでの手順を紹介しますが、Android端末やChromeブラウザでも基本的な手順は同じです。

Instagramのアカウントの削除(退会)方法

ブラウザでInstagramの「削除専用ページ」を開いたら、①ユーザー名やパスワードなどを入力し、②「ログイン」をタップします。③削除理由を適当に選び、④パスワードを再度入力します。⑤「~を削除」をタップすると、インスタアカウントの削除手続きの完了です。なお手続き後1カ月間は再ログインで削除を取り消せます。筆者の場合は、「7月15日まで再ログインがなければ完全削除になる」と表示されました

Instagramのアカウントの一時停止方法

インスタアカウントを削除ではなく一時停止する場合は、まずブラウザ版にアクセスし、下記の手順で進めましょう。

Instagramのアカウントの一時停止方法1

【1】下部メニューの①「プロフィールアイコン」をタップし、【2】②「プロフィールを編集」をタップします

Instagramのアカウントの一時停止方法2

【3】画面をスクロールし、①「アカウントを一時的に停止する」をタップします。【4】②停止理由を適当に選び、③パスワードを再入力します。④「アカウントを一時的に停止」をタップすると、再ログインするまでアカウントを一時停止できます

一時停止中のアカウントを復活させる方法

先ほどの手順でインスタアカウントを一時停止した後は、下記の手順でアプリ版から再ログインするだけでアカウントを復活できます。

一時停止中のアカウントを復活させる方法

ブラウザ版でアカウントを一時停止した後、再びアプリを開くとこのような画面が表示されます。①「ログイン」をタップし、もう一度②「ログイン」をタップし、IDやパスワードを入力するとアカウントが復活します

なお、インスタアカウントを完全に削除した場合も、1カ月以内に再ログインすると同様にアカウントを復活できます。削除した後に思い直した場合は、早めに再ログインしましょう。1カ月経過すると二度と元に戻せなくなります。

Instagramのアカウントを一時停止/削除(完全退会)する方法のページです。オトナライフは、【SNSInstagramInstagramの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。