【Windows 10】「Cドライブ」が容量不足になったときの対処法!

Windows 10のCドライブが容量不足になってしまった場合にはどのような対処法があるのだろうか。この記事では、Windows 10のCドライブが容量不足になる原因と、アプリのアンインストールやデータを減らすなどの対処法について詳しく解説する。

【Windows 10】「Cドライブ」が容量不足になる原因

Windows 10のCドライブには、ユーザーが保存したアプリやファイルだけでなく、Windowsのシステムが格納されていることが多い。そのために、Cドライブの容量が不足すると、Windowsの動作が遅くなり、不安定になることがある。

この記事では、Cドライブが容量不足になってしまう原因と、その対処法について詳しく解説する。まずは、Cドライブが容量不足になる主な4つの原因について見ていこう。

【原因①】Cドライブに大量のデータを保存している

CドライブにWindowsのシステム以外のアプリやファイルのデータを大量に保存してしまったことが原因で、Cドライブが容量不足に陥る可能性がある。この場合には、データを他のドライブへ移行することで解決できるだろう。

【原因②】インターネットの一時ファイルが蓄積されている

インターネットの一時ファイルとは、ブラウザでWebサイトを閲覧したとき、次に同じページを開いたときの表示を高速化するために、画像などの情報を一時的にパソコンに保存するものである。また、パソコン内のアプリやシステムを利用したときにも、一時的なファイルが作成されることがある。

一時ファイルは一定時間が経過すると自動的に削除されるはずだが、稀に削除されずにドライブの容量を圧迫することがある。この場合には一時ファイルの削除を行うことで解決する。

【原因③】ファイルシステムが破損している

Windowsを長期間使用していると、ファイルシステムが破損してしまうことがある。ファイルシステムが破損すると、ドライブの容量が不明なファイルで専有されてしまい、空き容量が不足しているように表示されてしまうことがある。この場合には、ファイルシステムを修復することで解決するだろう。

【原因④】パソコンがウイルスに感染している

Cドライブの容量が不足する原因が、パソコンのウイルス感染の場合もある。ウイルスがCドライブを専有するかどうかは不明だが、ウイルススキャンをかけてウイルスを駆逐すると解決することが多い。

【Windows 10】「Cドライブ」が容量不足になったときの対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスCドライブWindows 10Windows 10の使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。