【Windows 10】アプリのスタートアップを削除(無効)する方法

Windows 10のスタートアップからアプリの登録を削除するにはどうしたらいいのだろうか。Windows 10の起動時に、スタートアップでアプリが自動起動しないようにスタートアップから削除する方法を、タスクバーやmsconfigなどで設定する手順で解説する。

【Windows 10】アプリのスタートアップを削除(無効)する前にすること

Windows 10ではスタートアップにアプリを登録することができる。スタートアップに登録したアプリは、PCの起動時に自動で起動して、バックグラウンドで実行される。

バックグラウンドで動作する必要のあるアプリならスタートアップでの自動起動は効果的だが、バックグラウンドで起動時から実行されていなくてもいいアプリもある。

この記事では、スタートアップで起動する必要のないアプリを、スタートアップの登録から削除する方法について解説する。まずは、Windows 10のスタートアップからアプリの登録を削除する前にやるべきことを見ていこう。削除する前にやるべきことは次のとおりである。

・スタートアップにアプリを登録する

スタートアップからアプリの登録を削除する前に、アプリの登録方法を知っておこう。スタートアップにアプリを登録する手順は次のとおりである。

【Windows 10】アプリのスタートアップを削除(無効)する前にすること1

Windows 10の「スタート」を右クリックする。「ファイル名を指定して実行」をクリックする

【Windows 10】アプリのスタートアップを削除(無効)する前にすること2

「ファイル名を指定して実行」の「名前」に「shell:startup」と入力して「OK」をクリックする

【Windows 10】アプリのスタートアップを削除(無効)する前にすること3

スタートアップフォルダーが開く。スタートアップに追加したいアプリのショートカットをこのフォルダーの中にドラッグ&ドロップで追加する

PCを再起動して、スタートアップに登録したアプリが自動で起動するか確認してみよう。

【Windows 10】アプリのスタートアップを削除(無効)する方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方パソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。