スマホケース「手帳型」使用率50代が最大、その理由が深刻【スマートフォンPLUS調べ】

みなさんはスマートフォンを使用するときにスマホケースは使っているだろうか? 単色のシンプルなデザインからキャラクターの描かれたもの。さらには、デザインだけでなく機能性も重視した、スマホリングやカード入れ、手鏡のついたタイプなど、ユーザーの好みに合わせて多種多様なケースが存在する。

今回はそのようなスマホケースに関する調査結果についてお伝えしていきたい。

スマホケースの利用ユーザーの割合が判明

スマホケースの利用ユーザーの割合

一番割合の低かった50代でも5人のうち4人は、スマホケースを使用している(​株式会社NEXER「スマートフォンPLUS」調べ)

株式会社NEXERの運営するスマートフォンメディア 「スマートフォンPLUS」は6月28日、同月に実施したスマホユーザーに対して「スマホケースの使用」についてのアンケートの調査結果を公表した。

まず「スマホケースを使用しているか」の質問については、「30代以下」と「60代」がともに88.7%が「使用している」と回答している。一方で「40代」は83.3%、「50代」は82.0%と、意外にも60代のほうが40~50代よりもスマホケースを使っていることが明らかになった。

そして、使用しているスマホケースのタイプをたずねる質問では、「30代以下」「40代」「50代」「60代」とすべての年齢層で「手帳型」が最多に。中でも「50代」は48.9%と、回答者のほぼ半数が手帳型を使用していることがわかった。

はたして、50代の多くのユーザーはなぜ手帳型を選んでいるのだろうか?

スマホケース「手帳型」使用率50代が最大、その理由が深刻【スマートフォンPLUS調べ】のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAndroidiPhoneスマホスマホケース】の最新ニュースをいち早くお届けします。