Windows 10で「検索ボックス」を非表示にする方法

Windows 10で「検索ボックス」を使って検索する方法

タスクバーの検索ボックスを非表示にしてしまい、検索アイコンも表示しないときでも、検索ボックスが必要になることはあるだろう。検索ボックスを非表示にしたときでも、検索ボックスはショートカットキーで呼び出すことができる。

Windows 10で「検索ボックス」を使って検索する方法1

Microsoftのロゴの「Windowsキー」+「S」を同時に押す

Windows 10で「検索ボックス」を使って検索する方法2

検索ボックスが展開する

検索ボックスを非表示設定にしたときには、この方法で検索してみよう。

Windows 10で検索設定を変更する方法

検索ボックスでの検索設定は、Windows 10の「設定」から変更が可能である。

Windows 10で検索設定を変更する方法1

Windows 10の「スタート」から「設定」を開く

Windows 10で検索設定を変更する方法2

「検索」をクリックする

検索の設定から設定変更する方法を見ていこう。

【変更①】アクセス許可と履歴

「検索」の設定の左ペインから「アクセス許可と履歴」に入ると、検索設定を細かく設定できる。

【変更①】アクセス許可と履歴

左ペインで「アクセス許可と履歴」をクリックする

「セーフサーチ」では、成人向けコンテンツの表示についての設定ができる。「クラウドコンテンツの検索」では、OneDriveなどのクラウド上に保存されたデータの検索についての設定ができる。「履歴」では検索履歴のローカルへの保存の許可を設定できる。ローカルに保存することで、検索の精度を向上させることが可能だ。

【変更②】Windowsの検索

「検索」の設定の左ペインから「Windows検索」に入ると、PC内のドライブやフォルダの検索設定を細かく設定できる。

【変更②】Windowsの検索

左ペインで「Windows検索」をクリックする

「ファイルを検索」では、検索対象を主要な場所だけにする「クラシック」とPC内全体に設定する「拡張」を選択できる。「除外するフォルダー」では、検索対象から除外するフォルダーを設定できる。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Windows 10で「検索ボックス」を非表示にする方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方パソコン/スマホの設定方法検索ボックス】の最新ニュースをいち早くお届けします。