Mac→Windowsで「ZIPファイル」解凍時に文字化けさせない方法

Googleドライブを使って文字化けしたファイル名を確認する方法

単に文字化けしたファイル名が何なのか確認したいだけという場合は、GoogleドライブにZIPファイルをアップロードしてみよう。

アップロードしたZIPファイルをダブルクリックすると、文字化けすることなく、ZIPファイルのなかのファイル名を確認することができる。

文字化けしたファイル名をGoogleドライブで確認する方法

文字化けしたファイル名をGoogleドライブで確認する方法1

ChromeなどでGoogleドライブにログインしたら、まずはZIPファイルをウインドウにドラッグ&ドロップする

文字化けしたファイル名をGoogleドライブで確認する方法2

アップロードが完了したら、ZIPファイルをダブルクリックしよう(上写真)。するとZIPファイルのなかにあるファイル名が表示されるはずだ(下写真)

Mac側で文字化けしないように「MacWinZipper」を使って圧縮する方法

ここまで、ZIPファイルを受け取ったWindows側の対処方法を紹介してきたが、そもそもMac側で文字化けしないように圧縮する方法もある。

もし、クライアントから「Macで作成したZIPファイルが文字化けしている!」と、いちいちクレームが来るのが面倒なら、価格は2,500円するが「MacWinZipper」を使ってみよう。

これなら、Windows側でも文字化けしないので、クライアントからの面倒なクレームを受けなくて済むようになるはずだ。

●Tida「MacWinZipper」→こちら

「MacWinZipper」を使って文字化けしないように圧縮する方法

「MacWinZipper」は2,500円の有料アプリだ。「オンラインストア」を押すとすぐに購入できる(画像はTida公式サイトより転載)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Mac→Windowsで「ZIPファイル」解凍時に文字化けさせない方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacWindowsパソコン/スマホの設定方法圧縮/解凍】の最新ニュースをいち早くお届けします。