iPhoneのバレない録音アプリ「ディクタフォン」の使い方 – ボイスメモより音質良好

相手にバレずに会話を録音したい……そんなときに使えるのが音声レコーダー&ボイスメモアプリの「ディクタフォン」です。スリープ状態でも動作し、ロック画面が表示されても録音していることが分かりにくいので、使用していることを相手に気づかれません。今回は「ディクタフォン」の具体的な使い方を紹介します。

iPhoneのバレない録音アプリ「ディクタフォン」とは

「ディクタフォン」は基本機能が無料で使えるとてもシンプルな録音アプリ。iPhoneにはデフォルトで「ボイスメモ」が用意されていますが、「ディクタフォン」の方が音質がよく、また課金して拡張すれば無音時は録音を一時停止してくれる無音フィルターなどの機能を追加可能です。

iPhoneのバレない録音アプリ「ディクタフォン」とは1

録音するには中央の赤い録音ボタンを押すだけ。非常にシンプルで直感的に使いやすい録音アプリです

iPhoneのバレない録音アプリ「ディクタフォン」とは2

録音画面の右上の「拡張」をタップすると、有料の拡張機能一覧が表示されます。120円の「上級者オーディオパック」を購入すると、無音時に録音を一時的にストップする機能が使えるようになります

ディクタフォンの録音がバレにくい理由 | スリープ状態でバックグラウンド録音可

「ディクタフォン」はスリープ状態でもバックグラウンドで録音可能。よって、画面を暗くして机の上に置いておいたとしても録音していることがバレません。録音しながらホーム画面に戻り、他のアプリを操作することも可能です。

なおかつ録音中にスリープ状態からiPhoneの画面ライトがつきロック画面が表示されても、ぱっと見、音楽の再生と変わらない画面が表示されるので録音していることがバレにくいです。

ディクタフォンの録音がバレにくい理由 | バックグラウンド録音可

左「ディクタフォン」と右「ボイスメモ」のバックグラウンド録音時のロック画面を比較しました。バレにくさは一目瞭然です

ちなみにデフォルトアプリ「ボイスメモ」もバックグラウンドで動作します。が、ロック画面には録音中であることが大きく表示されてしまうので、バレる可能性が高くなりますこっそり録音したい場合は「ボイスメモ」より「ディクタフォン」をおすすめします。

ディクタフォンの基本的な録音方法(使い方)

ディクタフォンは非常にシンプルなアプリです。アプリを起動し、真ん中の赤い「録音開始」ボタンをタップするだけで録音が開始されます。

ディクタフォンの基本的な録音方法(使い方)

録音を始めるには中央の「録音開始」ボタンを押すだけでOKです

録音を一時停止する方法

録音中に中央にある二本棒の「一時停止」ボタンをタップします。

録音を停止する方法

録音中に右側にある正方形の「録音停止」ボタンをタップします。

iPhoneのバレない録音アプリ「ディクタフォン」の使い方 – ボイスメモより音質良好のページです。オトナライフは、【アプリiPhoneディクタフォン通話録音録音】の最新ニュースをいち早くお届けします。