任天堂公式「35°C以下でSwitch使用を推奨」ツイートで注意喚起

史上最速の梅雨明け宣言、それに続く連日の猛暑にダメージを受けているのは、われわれ人類だけではないようだ。「Nintendo Switch」が高温下でスリープモードになる場合もある、という任天堂の投稿した使用環境に警鐘を鳴らすツイートが話題となっている。

今回は、Nintendo Switchの高温下での使用に関してお伝えしていきたい。

任天堂、「Nintendo Switchの高温化に警鐘」ツイートが話題

夏本番を迎えますます気温が上昇していく中、35°C以下でのSwitch使用を推奨する任天堂のツイートは大反響を呼んでいる

任天堂の公式アカウントである任天堂サポート(@nintendo_cs)は7月11日、「Nintendo Switchの使用方法」についてツイート。「気温が高い場所でNintendo Switchを使用すると、本体の温度が高くなる場合があります。5〜35°Cの場所で使用してください」と注意喚起を行ったことで、話題を呼んでいる。

さらに「本体温度が高くなりすぎると、本体を保護するため自動的にスリープする場合があります」とも警告。本体の吸気口や排気口に異物やほこりが付着している場合は、掃除機などで取り除くことも、高温化を防ぐ対策として有効だと解説。吸気口や排気口の周りには10cm以上の隙間を開けて風通しをよくすることを推奨している。

とくに話題騒然なのが、その35°C以下という推奨温度だ。「そのようなことを言われても、うちは35°C余裕で越えます」「ほぼ人間ですね…」などのコメントが寄せられ、どう対策すべきか悩むユーザーが多い様子がうかがえた。

任天堂公式「35°C以下でSwitch使用を推奨」ツイートで注意喚起のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフNintendo Switch任天堂】の最新ニュースをいち早くお届けします。