ETCカード「持っている」はわずか38%!持たないその理由とは?

2001年に日本に導入されたETC。いまでは当たり前のように使用されており、高速道路利用者にとってETCカードは必需品といえるのではないだろうか。

だが、とあるアンケートから、「誰もが持っている」という認識が間違いであることが判明した。もしかすると、今の時代を表しているともいえるかもしれない、そのアンケートの内容とは。

ETCカードを持っている方少数派!? 持たないその理由とは

ETCカード、持っていますか?

ETCゲートを通るたび、ちゃんと開くか緊張してしまう(株式会社ファブリカコミュニケーションズ「CarMe」「CARPRIME」調べ)

株式会社ファブリカコミュニケーションズが運営する新車・自動車ニュースのWebマガジン「CarMe」と動画メディア「CARPRIME」は2022年6月に「ETCカードに関するアンケート」をWeb上で実施。300名を対象に行った調査から、衝撃的な事実が浮上した。なんと「ETCカードを持っている」と答えたのは、全体の38%のみ。半数以上がETCカードを持っていない状況は、かなり驚きの結果だろう。

なぜ、ETCカードを持たない人の方が多いのだろうか。「持っていない」派の回答をみると、「車を運転するが持っていない」か「車を運転しない」にわかれていることがわかった。さらに、運転しないと答えた人の方が多く、その割合は約37%とカード持ちの割合と、ほぼ同数という結果に。

筆者もそうだが、都会など公共交通機関が発達した場所に住んでいる場合、車がなくとも大抵の場所へ行くことが可能だ。車や高速道路を使う必要のない人が増えたことにより、車を持っていない、もしくは、持っていても運転する機会が少ない人が増えたのではないだろうか。若者の車離れが、如実に表れた調査結果であるといえるだろう。

また、ETCカードを持っていない車保有者からは、高速道路を利用する機会が少ないにもかかわらず、カードの作成やETC車載器を付けるのがもったいないという意見も。「普段から使う機会がないから、もったいない」という意識が、ETCカードの発行を遠ざけているといえるだろう。

ETCカード「持っている」はわずか38%!持たないその理由とは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフETCカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。