【Windows 11】パソコンから電話をかける方法 – スマートフォン連携で通話やSMS送受信可能

アナタはWindowsに「スマートフォン連携」という機能が搭載されているのをご存じだろうか? 実は、2022年に入ってからこの機能がグレードアップし、同期したAndroidスマホから電話をかけたりSMSやLINEを送受信することができるようになっているのだ。そこで今回は、実際にWindowsパソコンでペアリングされたAndroidスマホを使って、電話をかける方法を紹介しよう。

WindowsパソコンとAndroidスマホは同期できる!

Windows 10には「スマホ同期」という機能が搭載されており、Androidスマホとパソコンを同期させることで、スマホに保存されている写真を見たり、SMSを送受信することができる。

その後「スマホ連携リンク」→「スマートフォン連携」と名称を変え徐々に進化し、2022年に入るとパソコンから同期したAndroidスマホで電話をかけたり、SMSやLINEの送受信が可能になったのだ。

たとえば、自宅でパソコンを使ってテレワークを行っていると、スマホのSMSやLINEのメッセージを見落としがちになるが、このスマートフォン連携機能を使えば、パソコン作業中にSMSやLINEの通知が表示されるので、そのままパソコン上で返信までできるのが便利。

また、パソコンとAndroidスマホをBluetoothでペアリングして、パソコンに有線のヘッドセットを接続すると、パソコンからスマホで電話をかけて通話することも可能となっている。

そこで筆者は、さっそくWindows 11パソコン(Microsoft「Surface Laptop GO」)とAndroidスマホ(OPPO Reno5 A)を同期させてみたので、その手順を写真入りで紹介しよう。

「スマートフォン連携」機能を使うと、WindowsパソコンとAndroidスマホを同期させることができる。電話やSMS、LINEなどもパソコンから操作できるのが便利だ(筆者撮影)

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」をペアリングしよう!

まず、Windows 11パソコンで「スマートフォン連携」機能を使うには、Androidスマホ側に「Windowsにリンク」アプリが必要になる。スマホにインストールしたらMicrosoftアカウントでログインしておこう。

次に、Windows 11で「スマートフォン連携」アプリを起動したら、画面に従って同期作業を進めよう。途中、ぺアリング作業でQRカードが表示されたらスマホで読み込めばOKだ。

もし、「QRコード」で上手くペアリングできない場合は、「手動でペアリングする」を選び「PINコード」で認証することも可能となっている。

なお、今回の設定手順の画像では「スマホ連携リンク」と表示されているが、これは筆者が設定し終わったあとにアプリがアップデートされ、名称が変更されたためだ。

基本的には「スマホ連携リンク」と「スマートフォン連携」は同じものだが、もしかすると、このアップデートで多少手順が変わっているかもしれないので、あらかじめご了承願いたい。

●Windowsにリンク(Android)→こちら

■「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」をペアリングする手順

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順1

まずは、スマホ側にAndroidスマホ側に「Windowsにリンク」アプリをインストールしよう(左写真)。アプリを起動したらMicrosoftアカウントでログインする(右写真)

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順2

Windowsパソコンには「スマートフォン連携」アプリが標準で入っているので、「スタート(Win)ボタン」を押したら「すべてのアプリ」を開き、画面を下にスクロールして「スマートフォン連携」を起動しよう

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順3

パソコンで「スマホ連携リンク(スマートフォン連携)」アプリを起動したら「開始」をクリックする

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順4

Microsoftアカウントでサインインしよう。すでにサインインしているなら「そのまま進む」をクリックすればいい

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順5

「Windowsにリンクアプリの準備ができました」にチェック入れ、「QRコードでペアリング」を押す

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順6

すると画面にQRコードが表示されるので、これをスマホで読み込もう。もし、うまくいかかない場合は、前のページに戻り「手動でペアリングする」を選ぶ

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順7

QRコードで接続できなかった場合は、PINコードでペアリングすることも可能だ。「PINコードを作成する」をクリックしよう

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順8

PINコードが表示されるので、スマホ側でパソコンに表示されている数字9桁のコードを入力すればOKだ

「Windowsにリンク」と「スマートフォン連携」ペアリングする手順9

ペアリング作業やアクセス許可の確認が終われば「すべて完了しました。」と表示される。ひとまず「スマホ連携リンク(スマートフォン連携)」の作業は完了だ。引き続き「そのまま進む」を押す

【Windows 11】パソコンから電話をかける方法 – スマートフォン連携で通話やSMS送受信可能のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAndroidWindows 11Windows 11の使い方Windowsにリンクスマートフォン連携】の最新ニュースをいち早くお届けします。