料金不足の郵便物はどう対処すれば良い? 差出人なしの場合は受取拒否できない場合も!?

先日、入院中の母親宛の郵便物が届いたが、それには郵便料金不足のお知らせハガキが付いていた。しかも、この封書には差出人が書かれておらず、誰から送られてきたのか? なかに何が入っているかも分からないのに、結局筆者は、不足した料金を払わないといけなくなってしまったのだ。そこで今回は、郵便物の料金不足のときの正しい対処方法について解説したいと思う。

入院中の母親宛に差出人なしで料金不足の郵便物が届いた!

現在、筆者の母親は足を骨折して入院しているが、先日その母親宛に郵便物が届いた。

その郵便物は明らかに重く、案の定、郵便料金不足のお知らせハガキが付いていた。しかも、この封書には差出人が書かれておらず、誰から送られてきたのか、何が入っているのかも分からない……。

にもかかわらず、結局、筆者は受取拒否できずに、不足している料金分の切手をハガキに貼って返送するハメになったのだ。これはいったいどういうことなのか?

そこで今回は、郵便物の料金が不足していた場合、どう対処すればいいのか解説したいと思う。

実際に筆者の母親宛に届いた料金不足の郵便物

こちらが実際に筆者の母親宛に届いた料金不足の郵便物。封書にはどこにも差出人の名前や住所が書かれておらず、何が入っているかも分からない。それなのに受取人が料金不足分を支払わないといけないのだろうか?(筆者撮影)

料金不足の郵便物はどう処理されるのか?

そもそも、通常の封書の定形郵便は84円で送れるが、大きさや厚さ、重さを超えていると料金不足となって、正しく配達されないことがある。

たとえば、定形の封書の場合は25gを超えると50gまでは94円になることは意外と知られていない。そのため10円不足になる郵便物は意外と多いのである。25gでどのくらいの手紙を送れるのかについては、こちらの記事で検証しているので参考にしてほしい。

それでは、実際に料金不足と判定された郵便物はどうなるのだろうか? まず、投函した差出人の住所が郵便局の配達管内であれば郵便物は差出人に戻され、切手を追加して再び投函することが可能となっている。

だが、差出人住所が配達管内ではない、あるいは差出人不明だった場合は郵便物は受取人の元へ配達されてしまい、受取人は「受取拒否」するか、「不足分を受取人が支払う」ことになっているのだ。

受取人に受取拒否された郵便物は、郵便局員が中身を確認して差出人が判明すれば差出人に返送されるが、分からない場合は郵便局で一定期間保存され、それを過ぎると破棄されるそうだ。

●郵便局「手紙にまつわるQ&A」→こちら

実際に郵便物に添付されていた郵便料金不足のお知らせハガキ

こちらが、実際に郵便物に添付されていた郵便料金不足のお知らせハガキ。10日以内に不足料金分の切手をハガキに貼って返送するか、受取拒否するときはハガキの「受け取れません」欄に押印かサインをして、郵便物に張り付けて返送することになっている(筆者撮影)

料金不足の郵便物はどう対処すれば良い? 差出人なしの場合は受取拒否できない場合も!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ定形郵便日本郵便郵便】の最新ニュースをいち早くお届けします。