【要注意】Facebook初心者がまず注意すべきこと! 公開範囲見直し/二段階認証の方法

「Facebook」は、実際の知り合いとネット上でもつながるためのSNSです。しかし「設定」に注意しなければ、個人情報や投稿内容などが悪用される恐れがあります。

【要注意】Facebook初心者がまず注意すべきこと!公開範囲見直し/二段階認証の方法

【1】Facebookは実名登録制なので、リアルの知人とつながりやすいSNSです。【2】ソーシャルログインを提供しているサイトでは、Facebookアカウントで簡単にログイン可能。一方で「セキュリティ」を意識せずに使うのは、初心者は特に危険です

本記事では、Facebookで注意すべき危険性を解説したうえで、初心者でもすぐできるFacebookのお手軽セキュリティ対策をご紹介します。

まず注意すべき「Facebookの危険性」| アカウントの不正利用や個人情報流出

まず注意すべき「Facebookの危険性」| アカウントの不正利用や個人情報流出1

【1】Facebookの主な危険性は上記のとおり。筆者としては、自分の個人情報・プライバシーが第三者に筒抜けになることが、Facebookの最も危険な点だと考えています。意外な情報が犯罪に悪用されて、実際に被害を受けてしまうことも…

まず注意すべき「Facebookの危険性」| アカウントの不正利用や個人情報流出2

【2】典型的な例は、「メッセンジャー」アプリで見ず知らずの相手から送り付けられるスパムリンクや動画。不安を煽るようなことが書いてあると、ついタップしたくなりますが、これが個人情報の漏洩やアカウント乗っ取りの原因になります

これらの危険性への対処法として、プロフィールや投稿の公開範囲を制限し、「二段階認証」を有効化することが効果的です。

ストーカーが個人情報を特定するきっかけになるケースも

Facebookで公開している投稿や個人情報、もしくはFacebook上の機能などが原因で、ストーカー被害につながるケースもあります。

ストーカーが個人情報を特定するきっかけになるケースも

Facebook上の投稿や画像から、自宅の住所や居場所、勤務先などが特定されて実生活でストーカー被害にあうことも。また実生活で連絡先を交換した相手が、Facebook上で陰湿なストーカー行為を行うケースもあるので要注意

こうしたストーカー被害を防ぐために、このあとご紹介するFacebookの「セキュリティ対策」を実践することが重要です!

【要注意】Facebook初心者がまず注意すべきこと! 公開範囲見直し/二段階認証の方法のページです。オトナライフは、【SNSFacebookFacebookの使い方二段階認証個人情報】の最新ニュースをいち早くお届けします。