「新型iPhoneに求めること」機能より「価格を安く」がユーザーの本音【ドミニオン調べ】

毎年、9月頃に登場する新型iPhone。今年もすでに「iPhone 14(仮称)」のスペックについてさまざまな情報が飛び交っている状況だ。そのような中で「新型iPhoneに関するアンケート調査」が行われ、その結果が公表された。いったいユーザーは、新型iPhoneにどのようなことを求めているのだろうか…?

調査結果からは如実に“ある傾向”が浮かび上がってきた。

新型iPhoneに求めること1位は「価格を安く」!

回答者の年代として30代が多く、全体の40%を占める

(「株式会社ドミニオン」調べ)

株式会社ドミニオンは、7月19日、6月に実施した「新型iPhoneに関するアンケート調査」の結果を公開した。回答者は500人で年齢層は30代が全体の40%となるなど、20~40代で88%を占めた。これについて同社は「30代を中心に興味関心が高いことが伺えます」と分析している。

新型iPhoneに求めることは

円グラフの大半がオレンジの「価格を安くしてほしい」に染まった(「株式会社ドミニオン」調べ)

今回の調査結果で最も注目すべきは、「新型iPhoneに求めること」の1位が「価格を安くしてほしい」だったことと言えるかもしれない。回答の割合は63%と過半数を上回った。2位「バッテリー持ちの改善」が14%、3位「指紋認証」7%と、どちらも一定のニーズのある内容を抑えて断トツの票を集めたあたり、多くの人がiPhoneの価格について不満を抱いている様子がうかがえる。

7月1日にはiPhoneの値上げも実施され、キャリアによって差はあるが、20万円を超える機種が続出したことは記憶に新しい。新型iPhoneの登場を数カ月後に控えたタイミングでの既存機種の値上げで、ユーザーも新型iPhoneの価格には、かなりの警戒感を持っているからこそ、断トツの結果になったようにも感じられる。

10万円をかるく超えるiPhone13 Pro

10万円をかるく超えるiPhone13 Pro(画像は「Apple」公式サイトより引用)

「新型iPhoneに求めること」機能より「価格を安く」がユーザーの本音【ドミニオン調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhone 14iPhoneの話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。