iPhoneやApple Watchに「モバイルSuica」を登録して使う方法を解説!

iPhone 7以降で使えるようになった「モバイルSuica」。カード型Suicaを持たずとも、iPhoneを改札でタッチすることで乗車できるし、Suicaにチャージすることもできる。そんな便利なモバイルSuicaだが、実際にどう使えばいいのか知らない人もいるのでは? そこで今回は、モバイルSuicaの使い方、カード型Suicaからの移行方法を写真付きでしっかり解説しよう。

カード型SuicaをiPhoneの「Wallet」アプリに取り込もう!

iPhoneでモバイルSuicaを使うにはどうしたらいいのだろうか? もし、すでにカード型Suicaを持っている場合は、それをそのままiPhoneの「Wallet」アプリに転送することができる。

転送後、カード型Suicaのほうは使えなくなるが、電車やバスの利用、街での買い物、チャージ、定期券購入がすべてiPhoneからできるようになるので不要だろう。

もちろん、残高が残っている場合そのまま引き継がれるのでご安心を。また、使えなくなったカード型Suicaのほうは、JR東日本の駅で返却すれば、デポジットとして支払っていた500円が返金される。

●「Suica払いもどし(JR東日本)」に関しては→こちら

iPhoneにカード型Suicaを転送するのは簡単だ。まずiPhoneの「設定」から「ウォレットとApple Pay」を選択。もともと使っていたカード型SuicaのID番号の下4桁を入力し、iPhoneで読み込めばOKである。

■iPhoneにカード型Suicaを登録する手順

iPhoneにカード型Suicaを登録する手順1

もともと持っているカード型SuicaをiPhoneに取り込む場合、まずiPhoneの「設定」から「ウォレットとApple Pay」を選択(左写真)。次に「利用可能なカード」から「交通系ICカード」をタップする(右写真)

iPhoneにカード型Suicaを登録する手順2

すでにiPhoneに登録しているカードはその上に一覧で表示されているが、Suicaを追加するには「カードを追加」をタップする(左写真)。続いて、交通系ICカードのなかから「Suica」を選択しよう(右写真)

iPhoneにカード型Suicaを登録する手順3

金額を入力する画面になるが、ここで金額は入力せず「お手持ちのカードを追加」をタップ(左写真)。カードに記載されているSuica ID番号と生年月日を登録しているなら、それを入力し「次へ」をタップしよう(右写真)。なお、新規でSuicaを発行する場合は、ここで任意の金額を入力することになる

iPhoneにカード型Suicaを登録する手順4

iPhoneがSuicaを読み込む画面になったら、カード型SuicaにiPhoneをかざしてみよう。すると、転送が始まり、およそ1分程度で残高の転送が完了するはずだ。これでカード型SuicaがiPhoneに移行された!(筆者撮影)

iPhoneやApple Watchに「モバイルSuica」を登録して使う方法を解説!のページです。オトナライフは、【マネーiPhoneiPhoneの使い方SuicaモバイルSuica】の最新ニュースをいち早くお届けします。