Instagramのタグ付け、したら/されたらどうなる? 基本の使い方と通知の仕組み

Instagram(インスタ)では写真に写っている人や場所にタグ付けして、他のアカウントのユーザー名を表示させることができます。タグ付けしたら/されたらどうなるのか解説していきます。

Instgramの「タグ付け」とは | 投稿に関連する人を紐づけできる

人が写っている写真にタグ付けすれば「この人は○○さん」と本人のアカウントと紐づけることができます。

Instgramの「タグ付け」とは | 投稿に関連する人を紐づけできる

【左】写った人にタグ付けすることで自分のフォロワーにその人を紹介することができます。【右】「○○に行ってきました!」という投稿で場所にタグ付けしている人も多いです

Instagramでタグ付けをする基本的なやり方

インスタでは基本、新しい写真を投稿する際にタグ付けを行います。

Instagramでタグ付けをする基本的なやり方

【1】新規投稿の際に「タグ付け」をタップします。【2】タグ付けしたいアカウントを検索してタップすればタグ付け完了です

過去の投稿に後からタグ付けすることも可能

過去に投稿した画像にも後からタグ付けすることができます。

プロフィール画面→タグ付けしたい画像の右上の三点ボタン→「編集」→編集画面で「タグ付け」をタップするとタグ付けすることができます。

タグ付け「した」場合、相手に通知は届く? | アクティビティなどに通知される

タグ付けすると、タグ付けした相手アカウントにメッセージやプッシュ通知、アクティビティなどで基本的に相手へ通知がいきます。相手の設定により通知されないこともありますが、タグ付けする側が通知が行かないよう設定することはできません。

タグ付け「した」場合、相手に通知は届く? | アクティビティなどに通知される

【左】インスタからのプッシュ通知をオンにしている場合、タグ付けされるとプッシュ通知が来ます。【右】メッセージでもタグ付けされたことが通知されます

タグ付け「した」場合、相手に通知は届く? | アクティビティなどに通知される2

ちなみに「相手の設定により通知されないこと」がある理由は、端末やアプリの通知設定が個々人によって違うため。たとえば「タグ付けされる側」はプロフィール画面→右上の三本線ボタン→「設定」→「お知らせ」→「Posts, Stories and Comments」→「あなたが写っている写真」から通知オフが可能。上の画像の場合は通知されますが「オフ」に変えると通知されません

プロフィールの「あなたが写っている写真と動画」にも表示される

自分がタグ付けされると、自分のプロフィール画面の「あなたが写っている写真と動画」にタグ付けされた画像が表示されます。

プロフィールの「タグ付けされたコンテンツ」にも表示される

【1】プロフィール画面の①「あなたが写っている写真と動画」マークをタップすると、②タグ付けされた写真が表示されます。【2】②画像をタップすると、投稿者とタグ付けされた写真が表示されます

Instagramのタグ付け、したら/されたらどうなる? 基本の使い方と通知の仕組みのページです。オトナライフは、【SNSInstagramInstagramの使い方タグ付け】の最新ニュースをいち早くお届けします。