「楽天Edy」でポイントの3重取りをする方法 – クレカからのチャージ含めてお得に使うワザ

「楽天Edy」はnanacoやWAONなどとよく似た楽天のプリペイド型電子マネーです。現金やクレカからチャージでき、お店では読取機にかざすだけで簡単に決済できるのが便利です。しかも、200円につき1ptの還元があるのでお得。さらに、楽天ポイントカードの提示やクレカからチャージすることで、ポイントの3重取りも可能となっています。そこで今回は、楽天Edyのキホンとお得なチャージ方法について解説します。

楽天Edyならポイントの3重取りもできる

「楽天Edy」とは、楽天が提供するプリペイド型電子マネーのこと。nanacoやWAONなどとよく似た使い方ができます。楽天Edyを利用するには、専用プラスチックカード(有料)が必要ですが、加盟店が発行するカードや、クレカ一体型、おサイフケータイなら、わざわざ専用カードを買わなくても無料で入手できます。

●楽天Edy→こちら

楽天Edyを利用するには、最初に専用サイトで楽天ポイントを貯める設定を行いましょう。あとは、加盟店で200円支払うごとに1pt(0.5%)がポイント還元される仕組みになっています。加盟店は全国104万カ所以上あるので、利用しやすいでしょう。

また、楽天Edyカードには楽天ポイントカード機能もあるので、楽天ポイント加盟店でカードを提示すると200円で1pt、お店によっては100円で1ptがもらえます。この時点でポイントの2重取りが可能となっています。

もちろん、楽天Edyはプリペイド型なので、事前にチャージしておかないと決済に利用できません。チャージは現金や銀行口座からでもできますが、お得なのはやはりクレカでしょう。

ポイント還元率はカード会社で異なりますが、カード会社のポイントがもらえるので、楽天Edyでの支払い+楽天ポイントカードの提示、クレカでのチャージによってポイントの3重取りも可能です。

ただし、クレカによっては電子マネーへのチャージではポイントが付かないことがあるので、どのクレカでチャージするかが重要になってきます。

そこで、このあとのコーナーでは楽天Edyにお得にチャージできるクレカを紹介しましょう。

■楽天Edyの基本情報

・Edy-楽天ポイントカードの購入は330円
※加盟店発行のカード、クレカ一体型、お財布ケータイは無料
・年会費・登録料は無料
・事前に専用サイトで楽天ポイントを貯める設定を行う必要あり
・事前にチャージしないと使えない
・チャージ金額の上限5万円(1回につき2万5,000円まで)
・クレカでチャージするとポイントの2重取りも可能
※チャージでもらえるポイントはクレカのポイント
・加盟店での支払い200円につき1pt(0.5%)が還元される
・加盟店は全国104万カ所以上
・加盟店で楽天ポイントカードを提示するとポイントがもらえる(200円で1pt、お店によって100円で1ptの場合もある)

●楽天Edy「Edy-楽天ポイントカード/Edyカードにポイントサービスを登録する」→こちら

楽天Edyの基本(Image:item.rakuten.co.jp)

楽天Edyの利用は200円で1pt(0.5%)、楽天ポイントカードの提示で200円につき1pt(お店によっては100円につき1pt)が貯まるようになっている(画像は楽天Edy公式サイトより転載)

●楽天Edy「西友 Edy-楽天ポイントカードでポイント生活はじめよう!」→こちら

西友Edy・楽天ポイントカード。2022年8月1日までのキャンペーンで初めてWeb利用登録すると、300ptがもらえる(Image:edy.rakuten.co.jp)

こちらは西友Edy・楽天ポイントカード。2022年8月1日までのキャンペーンで初めてWeb利用登録すると300ptがもらえる。また、火曜日にEdyで支払うとポイント2倍、15日にEdyにチャージすると1%進呈などの特典もある(画像は楽天Edy公式サイトより転載)

「楽天Edy」でポイントの3重取りをする方法 – クレカからのチャージ含めてお得に使うワザのページです。オトナライフは、【マネーエポスカードクレカポイント3重取りリクルートカード楽天楽天Edy楽天ポイントカード電子マネー】の最新ニュースをいち早くお届けします。