【Windows 10】パソコンを初期化できない原因と対処法を解説!

Windows 10の動作が重い/フリーズするなどパソコンの調子が悪い場合に、初期化することがある。しかし、Windows 10の初期化に失敗するケースがある。そこで今回は、Windows 10が初期化できない原因と対処法について解説していく。

【Windows 10】初期化できない/失敗するときの対処法【原因別】

Windows 10の動作が重い/フリーズするなどパソコンの調子が悪い場合に、初期化することがある。パソコンを初期化することで不具合が改善し、スムーズに利用できるようになるためだ。しかし、Windows 10で初期化できない/失敗してしまうケースがある。そこでここでは、Windows 10で初期化できない/失敗するときの対処法を、原因別に解説していく。

【原因①】周辺機器の接続

【原因①】周辺機器の接続

Windows 10で初期化できない/失敗する原因①は、周辺機器の接続だ。利用しているパソコンに、マウスやキーボード以外の機器を接続している場合、それらが原因で初期化できない/失敗することがある。

Windows 10などのパソコンに、マウスやキーボード以外の周辺機器を接続していると、初期化した際にデバイスドライバーの問題が発生してしまい、初期化できない/失敗する原因になってしまうのだ。よって、Windows 10の初期化にはマウスとキーボードがあればできるため、対処法としてプリンターなどの周辺機器は取り外しておこう。また、Windows 10では標準で「高速スタートアップ」に設定されている。

Windows 10の高速スタートアップとは、パソコンをシャットダウンした際に、パソコンに接続されている周辺機器などの情報を保存し、次にパソコンを起動したときに保存した情報を利用して高速でスタートアップできるものだ。通常であれば、便利な機能と言えるが、Windows 10の初期化をする場合は、高速スタートアップが有効な状態では初期化できない/失敗する原因になるため、対処法として無効に設定しておこう。

【原因②】セキュリティーソフト

Windows 10で初期化できない/失敗する原因②は、セキュリティーソフトだ。Windows 10には、「Windowsセキュリティ」というセキュリティソフトが標準で搭載されている。しかし、「Windowsセキュリティ」以外のセキュリティソフトをパソコンにインストールしている場合、インストールしたセキュリティソフトが初期化の邪魔をしてしまう。

セキュリティソフトは、パソコンを安全に利用する上で必要不可欠なものではあるが、Windows 10の初期化できない/失敗する原因になってしまうのだ。よって、パソコンに「Windowsセキュリティ」以外のセキュリティソフトをインストールした状態で、Windows 10の初期化に失敗した場合は、対処法として一度セキュリティソフトをアンインストールしよう。

セキュリティソフトをアンインストールする方法は、Windows 10の画面左下にある「スタートメニュー」→「設定」をクリックする。

【原因②】セキュリティーソフト

「アプリ」を選択し、アプリの一覧が表示されたら、「セキュリティソフト」をクリックして、「アンインストール」を選択する

【原因③】空き容量不足

Windows 10で初期化できない/失敗する原因③は、空き容量不足だ。パソコンのHDDの空き容量が不足している場合、Windows 10の初期化できない/失敗する原因になってしまう。

対処法としては、外付けハードディスクにデータを移行するか、不要なファイルを削除することだ。そして、ファイルの削除をするには、「クリーンアップ」機能を利用する方法がある。不要なファイルを1つずつ削除してもいいが、それではあまりにも効率が悪く、誤って必要なファイルを削除してしまう恐れもある。よって、ファイルを削除する場合は、「クリーンアップ」を実行しよう。

クリーンアップを実行する方法は、Windows 10の画面左下にある「スタートメニュー」→「設定」→「システム」をクリックする。

【原因③】空き容量不足1

「記憶域」→「ストレージ センサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックする

【原因③】空き容量不足2

「今すぐクリーンアップ」をクリックする

【原因④】実行データの破損

Windows 10で初期化できない/失敗する原因④は、実行データの破損だ。Windows 10の初期化をする場合、パソコン内にあるデータを利用することで初期化できるようになっている。しかし、初期化するためのデータが破損している場合は、初期化できない/失敗する原因になってしまう。よって、対処法としては回復ドライブを利用してパソコンを起動し、初期化することだ。回復ドライブは、USBメモリなどで作成し、パソコンに接続してWindows 10を起動する。

回復ドライブから初期化する方法は、パソコンを一度シャットダウンし、回復ドライブをパソコンに接続する。次に、パソコンの電源を入れて、「F12キー」や「Deleteキー」を押して起動の設定画面を表示する。回復ドライブから起動すると、「キーボードレイアウトの選択」画面が表示されるので、「Microsoft IME」を選択する。次に、「オプションの選択」画面が表示されるので、「ドライブから回復」をクリックする。そして、「ファイルの削除のみ行う」→「回復」をクリックする。そうすると、初期化が開始される。

【原因⑤】初期化中の電源の切断

Windows 10で初期化できない/失敗する原因⑤は、初期化中の電源の切断だ。初期化している途中に停電などでパソコンの電源が落ちてしまったり、ノートパソコンの場合は、バッテリーがなくなって電源が落ちてしまったりすると、初期化できない/失敗する原因になってしまう。よって、対処法としては電源が落ちないように注意しよう。

【原因⑥】ハードウェアの故障

Windows 10で初期化できない/失敗する原因⑥は、ハードウェアの故障だ。パソコンのHDDやSSDが破損している場合は、Windows 10で初期化できない/失敗する原因になってしまう。特にパソコンの利用年数が5年以上経過している場合は、ハードウェアが破損している可能性がある。よって、対処法としてはハードウェアに異常がないか確認するようにしよう。

【Windows 10】パソコンを初期化できない原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方初期化】の最新ニュースをいち早くお届けします。