【Windows 10】更新できないときの原因と対処法を解説!

Windows 10には定期的にWindows Updateが提供されるが、更新できないことがある。Windows 10を更新できないときにはどのような対処法があるのだろうか。この記事では、更新できないときの原因と対処法について解説する。

【Windows 10】更新できない原因

Microsoftではサポート対象のWindowsに対して定期的にWindows Updateで更新プログラムを提供している。Windows Updateでは機能の増強や更新も行われるが、バグやエラーの修正やセキュリティの強化のためのプログラムも多い。

Windows 10を安全に安心して使い続けるためには、Windows Updateが提供されたら速やかに更新した方がいい。しかし、新しいWindows Updateが提供されているのにも関わらず、更新できないことがある。更新できない場合の原因は主に次の5つが考えられる。

●原因1:ダウンロードの失敗
●原因2:インストールの失敗
●原因3:更新プロセスの中止
●原因4:再起動時に更新できない
●原因5:BIOSが原因で更新できない

Windows 10が更新できない原因として主に考えられる原因は上記の5つだが、他にも原因がある可能性がある。どのような原因であっても、PCの専門家ではないユーザーが原因を特定するのは難しい。この記事では、Windows 10が更新できないときに自分でできる14の対処法を解説する。更新できないときには対処法1から順番に試してみよう。

【Windows 10】更新できないときの原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。