【Windows 10】パソコンがフリーズしたときの原因と対処法!

Windows 10で、急にマウスが動かなくなったり、入力した文字が反映されなかったりしたことはないだろうか。これは、フリーズという症状で、さまざまなことが原因で起こってしまう。そこで今回は、Windows 10でフリーズしたときの対処法について解説していく。

【Windows 10】パソコンがフリーズしてしまう原因は?

【Windows 10】パソコンがフリーズしてしまう原因は?(Image:omihay / Shutterstock.com)

Windows 10で、急にマウスが動かなくなったり、入力した文字が反映されなかったりしたことはないだろうか。このようにフリーズする症状が起きてしまうと、作業が中断されてしまい非常に困る。では、Windows 10でフリーズしてしまう原因は一体何だろうか。そこでここでは、Windows 10でフリーズしてしまう原因について解説していく。

・特定のプログラムがCPUを占有している

Windows 10でフリーズしてしまう原因は、特定のプログラムがCPUを占有してしまうためだ。通常、CPUは複数のプログラムで均等に割り当てされるようになっている。しかし、優先度の高いプログラムがあると、CPUを占有してしまう。

そうなると、優先度の低い他のプログラムにCPUが割り当てされないため、Windows 10でフリーズという現象が起きてしまうのだ。

通常、いくら優先度の高いプログラムがあっても、Windows 10では他のプログラムも利用するため、CPUが占有されないように調整されている。

しかし、何らかの理由によって調整できない場合、フリーズが発生してしまうのだ。ではなぜ、CPUの調整ができなくなってしまうのだろうか。それは主に以下のようなことが原因だと考えられる。

・アプリの不具合
特定のアプリのみフリーズし、他のアプリは正常に動く場合は、フリーズしているアプリに不具合が発生している。

・パソコンのメモリ不足
入力した文字が反映されない場合は、メモリが不足していることによってフリーズする。

・マウス/キーボード自体の故障
マウスが動かない場合は、マウス/キーボード自体が故障している可能性がある。

【Windows 10】パソコンがフリーズしたときの原因と対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方フリーズ】の最新ニュースをいち早くお届けします。