70代のスマホ利用、初の半数越え!シニア層に浸透した理由は?【LINE調べ】

LINE株式会社が1,146人に実施したアンケート調査によると、スマホ利用の波はシニア層にまで到達しており、ついに「70代で初の半数超え」という結果が発表された。このタイミングでシニア層にスマホが普及した理由には、いったいどのような携帯電話各社の働きかけがあったのだろうか。

今回は最新の調査結果をもとに、スマホ利用の浸透ぶりをお伝えしていきたい。

70代でのスマホ利用が初の半数超えに!

スマホ利用者年代別

調査開始の2018年以来はじめて、70代でスマホ利用者が半数を超え、51%を記録した(「LINE株式会社」調べ)

LINE株式会社が今年4月、全国1,146人の15歳~79歳の男女に実施した「2022年上期のインターネット利用環境に関する調査」の結果を今月発表。その内容によると、スマホ利用の波はシニア層にまで到達し、70代で初の半数超えという結果を記録した。

ネット利用者の年代別

「スマホのみ」の利用者が増加傾向。とくに女性の「スマホのみ」利用者が過去最多の68%だった(「LINE株式会社」調べ)

インターネット利用者の推移は、「スマホのみ」の利用者が増加傾向にあり、全体では過去最多の54%となった。男女別では、とくに女性で「スマホのみ」の利用者の増加傾向がみられ、過去最多の68%となった。

年代別のインターネット利用者の調査結果をみると、今回とくに目を引くのは、70代でスマホ利用者が半数を超え、51%を記録したことが挙げられる。半数を超えたのは調査開始の2018年以来はじめてであり、1年前の2021年4月の時点ではまだ34%に留まっていたが、そこから一気に増加した格好だ。50代以降もスマホ利用の伸びは順調という調査結果から、スマホ利用の波がシニア層にまで到達した、と同社は分析している。

70代のスマホ利用、初の半数越え!シニア層に浸透した理由は?【LINE調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneおじさんスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。