21年度の中古スマホ市場は「一括1円」iPhoneの大量流入で過去最高に【MM総研調べ】

現在、成長を続けている中古スマートフォン市場。フリマアプリの普及などで「新品じゃなくてもいい」という価値観が浸透し、さらに需要が伸びている状況だ。さらに2022年には、いま以上に需要を拡大させそうな要因も存在するという。はたして、どのような理由なのだろうか。

今回は、成長を続けるスマホ市場に関する調査結果についてお伝えしていきたい。

中古スマホ市場、「一括1円」iPhoneの大量流入で過去最高を更新

中古スマートフォンの販売推移・予測

中古スマホ市場は拡大を続けていく(「株式会社MM総研」調べ)

ICT市場調査コンサルティングのMM総研は7月26日、「2021年度 中古スマートフォン市場規模の推移・予測」を発表した。それによれば、2021年度の中古スマホ販売台数は前年比14.6%増の212万台で、過去最高を記録したという。

MM総研のデータによれば、中古スマホ市場は18年度から右肩上がりで推移しており、現在の2022年度も241万台へと拡大が見込まれている。2026年度には、市場規模が342万台にまで成長すると予測している。

これほど中古スマホが普及した理由として、MM総研は“新品未使用品のiPhone”の流入量の増加を挙げている。「大手通信事業者によるiPhone値引き競争の激化に伴い、「一括1円」などで販売されたiPhoneが、そのまま新品未使用品として中古市場に流れたことが市場活性化につながった」と解説している。

また、メルカリなどフリマアプリの普及も、ユーザー間での中古スマホのやりとりを後押ししている。最近では、スマホキャリア各社も「認定リユース品」を販売するようになっている。スマホキャリアが直々にお墨付きを与えることで、信頼性を理由に中古スマホを敬遠していたユーザー層からも支持を集めることができているようだ。

21年度の中古スマホ市場は「一括1円」iPhoneの大量流入で過去最高に【MM総研調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneスマホ中古iPhone中古スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。