【Windows 10】シャットダウンできないときの原因と対処法!

Windows 10が終わらないとき、シャットダウンできないときにはどのような原因があるのだろうか。この記事ではWindows 10をシャットダウンできないときの原因と、エラーメッセージが表示される場合など、状況に応じた対処法について詳しく解説する。

【Windows 10】シャットダウンできないときに考えられる原因

Windows 10をシャットダウンできない場合には、次のような原因が考えられる。

●周辺機器の不具合
●パソコンと周辺機器の相性
●Windows Updateに他のソフトウェアが干渉する
●セキュリティソフトの影響
●パソコンのウイルス感染
●ハードディスクの不具合
●パソコン内部に滞留した電気

パソコンがシャットダウンできない原因とは、パソコン自体に原因があるだけでなく、周辺機器に原因があることも考えられる。原因がどのようなものであれば、Windows 10がシャットダウンできないという問題に対して自分で対処できるだろうか、その対処法について詳しく見ていこう。

【Windows 10】シャットダウンできないときの対処法【エラーメッセージが表示される場合】

Windows 10がシャットダウンできないときに、「このアプリがシャットダウンを妨げています」というエラーメッセージが表示されることがある。エラーメッセージが表示される場合の3つの対処法は次のとおりだ。

【対処法①】ネットワークの接続を切断する

「このアプリがシャットダウンを妨げています」というエラーメッセージが表示されても、実際には妨げているのがアプリではなくネットワークの場合がある。パソコンをネットワークから遮断してから、もう一度シャットダウンを試してみよう。

有線接続の場合にはLANケーブルをパソコンから抜く。無線接続の場合にはタスクバーの通知領域から切断しよう。

【対処法①】ネットワークの接続を切断する

タスクバーの通知領域のWi-Fiのアイコンをクリックする。Windows 10の「通知」に表示されたWi-Fiをクリックするとネットへの接続が切断される

【対処法②】作業中のアプリを保存する

起動中のアプリで作業中の内容が保存されていないことが原因でWindows 10がシャットダウンできないことがある。ドキュメント編集や画像加工、動画加工などの作業をアプリでしているのなら、作業中の内容を保存してからシャットダウンしてみよう。

【対処法③】アプリを終了する

何らかのアプリが起動していることが原因でシャットダウンを妨げることがある。シャットダウンできないときには、起動中のアプリをすべて終了してからシャットダウンしてみよう。アプリが原因で「このアプリがシャットダウンを妨げています」のエラーメッセージが表示される場合には、すべてのアプリを終了することでシャットダウンできるようになるだろう。

【Windows 10】シャットダウンできないときの対処法【シャットダウンしても終わらない場合】

Windows 10をシャットダウンするための操作を行い、シャットダウンのプロセスに入っているのに終わらないことがある。シャットダウンのプロセスが終わらない場合の4つの対処法は次のとおりである。

【対処法①】Windows Updateを実行する

シャットダウンのプロセスが終わらない原因が、Windows Updateのバグである場合がある。その場合には、バグを修正するプログラムが速やかに配布される。

Windows Updateを実行して修正プログラムをインストールすることでシャットダウンできない問題が解決するだろう。

【対処法①】Windows Updateを実行する

Windows Updateを実行してみよう

【対処法②】ハードディスクのエラーチェックをする

パソコンに搭載している記憶媒体のハードディスクやSSDに生じたエラーが原因でシャットダウンできないことがある。ハードディスクやSSDに原因がある場合には、エラーチェックをして修復することで正常に戻る可能性がある。

ハードディスクやSSDのエラーチェックの方法は次のとおりだ。今回はWindows 10のシステムが格納されているCドライブのエラーチェックを行う。他のドライブのエラーチェックも同じ手順で可能だ。

【対処法②】ハードディスクのエラーチェックをする1

Windows 10のエクスプローラーでPCの下にある「Windows(C:)」を右クリックして「プロパティ」をクリックする

【対処法②】ハードディスクのエラーチェックをする2

「ツール」のタブを開き「チェック」をクリックする

ドライブがスキャンされてエラーが見つかったら画面にメッセージが表示されて再起動が必要になる。画面の指示に従って操作を行い、エラーを修復しよう。

【対処法③】接続している周辺機器をすべて取り外す

Windows 10をシャットダウンできない場合には、パソコンに接続されている周辺機器が原因のこともある。外付けHDDやマウス、キーボードなど、思わぬ機器が原因でシャットダウンが終わらないことがある。

周辺機器が原因だと考えられる場合には、すべての周辺機器を一度すべて取り外してシャットダウンしてみよう。周辺機器が原因だった場合には、原因となっている機器を特定して、Windows 10に対応しているものに買い替えるか、ドライバを最新の状態にしよう。

【対処法④】パソコンを強制終了する

上記の3つの対処法を実行しても、シャットダウンが終わらない問題が解決しない場合には、パソコンを強制終了してみよう。通常はパソコンの電源ボタンを長押しすることでパソコンの電源を強制的に切って強制終了できる。

電源ボタンの長押しでもシャットダウンしない場合には、コンセントを抜いて、ノートパソコンの場合にはバッテリーも取り外して電源の供給を完全に断ってしまおう。

なお、電源ボタンの長押しや電源の供給カットでの強制終了は、パソコンに大きな負荷をかける。また、保存されていないデータは消えてしまうので、どうしてもシャットダウンできない場合の最終手段である。

【Windows 10】シャットダウンできないときの原因と対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方シャットダウン】の最新ニュースをいち早くお届けします。