最新!2022年版メルカリ用語・隠語(独自の専門用語)60選 – 初心者でも安心

幅広い世代に人気のフリマアプリ「メルカリ」。皆さんの中にも、活用されている方がいらっしゃるのではないだろうか。メルカリでは、公式が設定した用語の他に、ユーザー間で独自の専門用語を使った取引が行われている。

本記事では、メルカリ内で使われている2022年最新版の用語と隠語をまとめて徹底解説!メルカリ初心者の方でも、これさえ読めば、安全かつスムーズな取引ができるようになるはずだ。

メルカリ用語集30選

まずは、公式が設定したメルカリを活用する上で覚えておきたい用語30選からご紹介していこう。

メルペイ

株式会社メルカリが提供する、電子決済サービスのこと。メルカリでの売上金やポイントを支払いに使うことができる。メルペイの支払い方法は大きく分けると3種類あり、一つ目は売上金でポイントを購入した支払い、二つ目は銀行口座からのチャージによる支払い、三つ目は翌月以内に後払いする方法だ。

あと払い

2019年11月に名称が変わり、現在は「メルペイスマート払い」と呼ばれている。その月に使った利用代金を、翌月にまとめて支払うことができるシステムだ。支払いのたびにチャージするのは面倒だが、この「メルペイスマート払い」を使えば残高を気にせず買い物することが可能になる。
(注意)利用の際には、本人確認や年齢制限があるので注意が必要だ。また、使い過ぎにも十分気を付けよう。

マイページ

アプリ画面の右下にあるアイコンをタップすると、マイページが表示される。ここでは、メルカリの売上金や残高・ポイントの確認などが可能だ。また、自分が「いいね!」した商品や、閲覧履歴のチェック、下書き一覧などもこのページから編集することができるので、覚えておこう!

出品

読んで字のごとく、メルカリに商品を出品することである。アプリ画面下の中央に「出品」というタブがあるので、出品したい時はそこから行う。出品に至るまでの流れとしては、商品写真を登録し詳細を設定、商品の名称や説明を入力後に、配送方法と販売価格を設定すれば完了である。あとは「出品する」のボタンを押すだけで、誰でも簡単に商品をメルカリに登録することが可能だ。

メルペイスマート払い

先ほどご紹介した「メルペイあと払い」の新名称である。名称のリニューアル後も、サービス内容や手数料に大きな変更は行われていない。決済を行ったお店や金額は、履歴からいつでもチェック可能なので、利用明細がリアルタイムでわかるのも魅力の一つである。

ゆうパケット・ゆうパケットポスト・ゆうパケットプラス

上記3つは、まとめて『ゆうゆうメルカリ便』と呼び、日本郵政提供のゆうパケット利用サービスのこと。匿名で配送が可能なことに加え、配送状況の確認ができるサポートも行われているのが嬉しいポイントだ。
(注意)ゆうパケットはA4サイズ/3辺合計60cm以内(長辺34cm/厚さ3cm以内/重さ1㎏以内)、ゆうパケットポストは専用箱が必要で、箱の大きさは縦32.7㎝×横22.8㎝×厚さ3㎝、ゆうパケットプラスは縦17㎝×横24㎝×厚さ7㎝までとなっている。

ゆうメール

本や雑誌、CDなどにのみ利用可能な発送方法のこと。着払いを指定して発送することもできる。所定の規格に収まるかどうかによって、料金が分かれるのが特徴。重量は150g以内であれば180円と非常にリーズナブルである。発送できる最大規格は、長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3 ㎝以内及び重量 1kg 以内。

メルカリバッジ

一定の条件を満たしたユーザーに適用される特別なバッジ。メルカリバッジの種類は合計で8個だ。「メルカリデビュー」「出品しよう」「プロフィール設定」「いいね!しよう」「購入してみよう」「検索保存をしよう」「商品を売ろう」「本人確認をしよう」の各種条件をクリアすることでバッジは手に入る。普通にメルカリを使っていれば、とくに頑張らなくともこのバッジは集まるはずだ。ちなみに、特に持っていてもこれといった特典などはない。
(補足)後で詳しく説明するが、メルカリバッジとは別に、購入された時点から24時間以内に発送すると、「スピード配送バッジ」というものがもらえる。

メルカリshops

個人事業主・個人問わず自分のお店を持つことができ、メルカリ内で商品を簡単に販売できるサービスのこと。複数まとめての出品や、種類別の在庫の管理なども行うことができる。一番大きな特徴としては、値下げ交渉なしで売買ができることだ。
(注意)古物として仕入れたものを、メルカリshopsで販売する場合は、古物商許可証が必要になるので気を付けよう!

梱包・発送たのメル便

商品の梱包から発送までのすべてを、プロが代わりにやってくれる最高のサービス。対応サイズは450cmまで大丈夫なので、椅子やテレビなどの自力では梱包しにくく、郵便局までわざわざ持っていくのが面倒な、絶妙なサイズ感の商品の発送に使い勝手が良い。この方法で発送すると、玄関先まで商品を引き取りに来てくれるので、忙しい人でも気軽にメルカリでの販売を行うことができる。

定額払い

メルペイスマート払いの清算残高を毎月定額返済できるサービスのこと。毎月の定額支払い金額は、ユーザーが自由に設定可能。利用方法は、メルカリの購入手続き画面から「定額払い」を選択して決済するか、店舗で利用する場合はメルペイスマート払いで決済し、後から定額払いにする設定すれば完了だ。
(注意)年率15%ほどの手数料が発生する。分かりやすく言えば、リボ払いのようなイメージなのでご利用は計画的に。利用には審査および、年齢制限がある。

宅急便コンパクト

らくらくメルカリ便のひとつ。送料は全国一律450円なので、雑貨や洋服などの発送にとても便利だ。ただし、発送には「専用BOX」「専用薄型BOX」が必要。これらの梱包ボックスは、ヤマト運輸の営業所やメルカリストア、一部のコンビニなどで購入することができる。
(注意)既定の厚さは5cmなので、超えないように注意しよう!

バーチャルカード

インターネット上で使える買い物専用のカードのこと。普通のクレジットカードと同じように、オンラインショッピングなどで、番号を入力して利用するメルペイのサービス。オンライン上のマスターカード取扱い加盟店でのみ利用可能。メルカリアプリ内で発行することができる。

コード決済

メルペイ加盟店で、支払い用QRコードおよび、バーコードを利用して会計ができるサービスのこと。メルペイ残高、ポイント、メルペイスマート払いの支払い時に利用可能。店員さんにQRコードを読み取ってもらうか、お店のQRコードを自分で読み取るかの2つの方法で決済を行おう。

iD決済

株式会社NTTドコモが提供する、スマートフォンやカードを専用の端末にかざすことで、支払いを行うことができる電子マネーサービスのこと。店内にiDマークがある、iD加盟店でのみ利用可能。メルペイでiD決済をするには、先にメルペイ上で設定をする必要がある。
(注意)メルペイのiD決済を行う場合、iPhoneであれば、iPhone7以降のモデル、Androidであれば、Android5.0以降のおサイフケータイ対応のスマートフォンが必要。

メルカリ寄付

メルカリに出品して得た商品の売上金を、メルペイ残高を通じて指定した寄付先や団体に寄付できる仕組みのこと。不用品を売ったお金で寄付ができることに加え、寄付先によっては1円単位で寄付が可能なので、気軽に社会貢献したい人は要チェック。また、寄付先が地方自治体の場合は、寄付金控除も受けることができる。

振込申請

メルカリで得た売上金を、現金として受け取るために必要な手続きのこと。振り込み申請を行うと、振り込みスケジュールに基づいて、登録した口座への入金が行われる。振込手数料は、金融機関や申請金額に関わらず一律で200円が必要。1営業日あたりの振り込み申請の上限金額は手数料込みで100万円まで。

やることリスト

商品の取引において、次にやるべき事柄を教えてくれる機能のこと。商品が売れた場合は、「商品を発送してください」、「購入者の支払い待ちです」などのメッセージが、やることリストに表示される。また、うっかり忘れがちな相手とのメッセージのやりとりにおける返信なども、こちら側で返事が止まっていた場合は、「返信をおこなってください」とリストで注意喚起してくれるので安心だ。

レターパック・スマートレター

事前に専用封筒を購入するタイプの日本郵政の発送方法。レターパックには、受領印が必要な「レターパックプラス」と、郵便受けに届ける「レターパックライト」の二種類がある。送りたい商品によって使い分けしよう。「スマートレター」は、封筒代と送料込みで、全国一律180円とリーズナブルに発送できるので、文庫本などの小さめの雑貨を取引するのにオススメだ。

クイックポスト

日本郵便が提供する配送サービスで、郵便ポストに投函するだけで荷物が送れるシステムのこと。クイックポストでは、A4サイズ以内のものを送ることができ、送料は全国一律198円。メルカリでは、本やCD、文房具などの発送を行う場合に利用する人が多い。

らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便

「らくらくメルカリ便」はヤマト運輸で、「ゆうゆうメルカリ便」は日本郵政が行っている発送サービスだ。「らくらくメルカリ便」では、「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」の3つが取り扱われており、一方「ゆうゆうメルカリ便」では、先ほどご紹介した「ゆうパケット」や「ゆうパック」などの発送を行うことが可能である。

いいね!

メルカリ内では、自分の興味がある商品に「いいね!」を押すことで、簡易的にブックマークすることができる。一般的には、その商品が気になった場合や、購入を検討している場合に押すことが多い。販売側は押された「いいね!」の数によって、商品が適正な価格かどうかを判断する材料にもなる。

宅急便

メルカリでは、中~大型サイズの商品を発送する際にとても便利。送料は重さによって異なるが、160cmサイズの25kgまで対応している。

ゆうパック

日本郵便が提供している配送サービスのこと。3辺の合計が170cm以下で、重さ25㎏までの荷物であれば発送が可能。サイズは7種類に分けられている。もしも、重さが25kg~30kg以下の荷物を送りたい場合は、「重量ゆうパック」を利用しよう。

本人確認

メルカリアプリ内にある、「アプリでかんたん本人確認」のこと。本人確認の方法は、画面に表示される説明に沿って、顔写真と一緒に本人確認書類を提出すれば完了だ。本人確認を行うことで、メルペイスマート払いが利用できるようになるほか、売上金の振込申請期限がなくなるなどのメリットがある。

フォロー・フォロワー

出品者をお気に入り登録する機能。自分がチェックしたいアカウントをお気に入りに入れておくことを「フォロー」、自分のアカウントをフォローしている人のことを「フォロワー」と呼ぶ。メルカリでは自分がフォローしたユーザーが商品を出品すると、スマホに通知が届く。

普通郵便

通常の封筒に入れて出す郵便のこと。薄くて軽い物など、商品によっては送料を抑えて発送することが可能。ただし、住所や氏名の開示が必要なので、匿名での配送が出来ないというデメリットもある。
(注意)知らない人に住所を教えることのリスクもしっかり考えてから利用しよう!

販売手数料

商品が売れた際にかかる手数料のこと。メルカリでは、商品価格の10%を出品者側がメルカリに収めることになっている。出品するだけであれば、手数料は不要。
(注意)送料込みで出品する場合、手数料と送料を販売価格から引いた上で、赤字にならないかチェックしよう!

ネコポス

ポスト投函で届けてくれるヤマト運輸の配送サービスのこと。送料は全国一律で210円なので、発送料金を抑えたい時にオススメ。「らくらくメルカリ便」の選択肢のひとつなので、宛名書き不要で匿名配送が可能。

最新!2022年版メルカリ用語・隠語(独自の専門用語)60選 – 初心者でも安心のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフメルカリメルカリの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。