マイナポイント第2弾、JCBデビットカードなら現金で受け取れる!

マイナポイントは申し込んだキャッシュレス決済事業者のポイントで付与されます。たとえば、PayPayで申し込めばPayPayポイントがもらえます。でも、実は受け取ったポイントを現金化する裏ワザもありますし、さらに、決済事業者によっては最初から現金で受け取ることも可能なっています。そこで今回は、マイナポイントを現金化できる、あるいは現金で受け取れる決済事業者を紹介しましょう。

もらったマイナポイントを消化するのは意外と大変?

アナタは、もうマイナポイント第2弾のキャッシュレス決済事業者を申し込みましたか? マイナポイントは自分で決めたキャッシュレス決済の独自ポイントで最大2万ptがもらえますが、場合によっては、もらった2万ptを有効期限内に使いきれないこともあります。

そこで今SNSなどで話題となっているのが、受け取ったマイナポイントを現金化する方法です。たとえば「au PAY」でマイナポイントを申し込むと、au PAY残高にマイナポイント分がチャージされますが、このポイントは、auじぶん銀行に出金して現金化することができるのです。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

au PAYで残高をauじぶん銀行に出金で現金化

au PAYでは残高をauじぶん銀行に出金できる。ただし「手動」は手数料がかかるので、「自動払出」を選択することで手数料無料で現金化することができるのだ

JCBデビットカードならマイナポイントが銀行口座に現金で入金される!

au PAYならauじぶん銀行に自動払出することで、マイナポイントを現金化できます。しかし、マイナポイント第2弾に対応するキャッシュレス決済事業者のなかには、最初から現金で付与されるものがあります。それが「JCBデビットカード」です。

「JCBデビットカード」とは、クレカのような後払いではなく、支払い金額がその場で預金口座から引き落とされるカードのこと。JCBの加盟店で利用できるので、使い方はクレカと同じような感じになります。

●JCBデビットカード→こちら

JCBデビットカード

使い方はクレカと似ているが、支払いはクレカのような後払いではなく、その場で銀行口座から引き落とされるでの、使い過ぎを防止に適している(画像はJCBデビット公式サイトより転載)

JCBデビットでマイナポイント第2弾を申し込むと、2022年9月、2022年12月、2023年3月に、ポイントではなく、付与ポイント相当の現金が支払い口座に入金されます(入金日は金融機関で異なる)。

現金で受け取ればポイントのように利用期限もないですし、好きな場所で、好きな決済方法で利用できますね。

JCBデビットカードならマイナポイントが現金で支払い口座に入金される

JCBデビットカードなら、2022年9月、2022年12月、2023年3月に、マイナポイントが現金で支払い口座に入金される(画像はJCBデビット公式サイトより転載)

また、JCBクレジットカードの場合は、2022年9月12日、2022年12月12日、2023年3月10日の支払い時に、ポイントではなく付与ポイント相当の金額が相殺されます。

もし、ポイント付与額が支払い金額より多い場合は、差額が設定口座へ振り込まれることになっています。こちらも、実質的な現金化とも言えるかもしれません。

JCBクレジットカードの場合は

JCBクレジットカードは、2022年9月12日、2022年12月12日、2023年3月10日の支払い時に、付与ポイント相当の金額が相殺され、ポイント付与額が支払い金額より多い場合は、差額が設定口座へ振り込まる(画像はJCBデビット公式サイトより転載)

●JCB「マイナポイント事業に関するご案内」→こちら

マイナポイント第2弾、JCBデビットカードなら現金で受け取れる!のページです。オトナライフは、【マネーJCBキャッシュレスマイナポイントマイナポイントのもらい方】の最新ニュースをいち早くお届けします。