『ヴィンチェンツォ』あらすじ/登場人物と見どころ!「悪に悪で対峙する」異色ダークヒーローもの

イタリアのマフィアの顧問弁護士が、ベテランの悪徳弁護士たちと巨悪に立ち向かう、異色のダークヒーロー物語『ヴィンチェンツォ』。目的のためには手段を選ばない、主人公ヴィンチェンツォのハードボイルドな言動が魅力。

『ヴィンチェンツォ』あらすじ/登場人物と見どころ!「悪は悪で処断する」異色ダークヒーローもの

スタジオドラゴン企画、ロゴスフィルム制作の韓国ドラマ。出演者はソン・ジュンギ、チョン・ヨビン、オク・テギョンらです

(画像はNetflix公式より引用)

単純な勧善懲悪ではなく、「悪に悪で対峙する」というハードボイルドさがある一方、要所で挟まれるコメディシーンも見どころ。本記事では、『ヴィンチェンツォ』のあらすじと登場人物、見どころをご紹介します!

『ヴィンチェンツォ』あらすじ | ダークヒーローが巨悪に立ち向かうハードボイルド異色作

『ヴィンチェンツォ』は、イタリアのマフィアに裏切られた主人公ヴィンチェンツォが、祖国韓国で巨悪に立ち向かうハードボイルド物語です。

『ヴィンチェンツォ』あらすじ | ダークヒーローが巨悪に立ち向かうハードボイルド異色作1

イタリアマフィア「カサノファミリー」の相談役で、非情な韓国系イタリア人弁護士ヴィンチェンツォ・カサノ。彼はあるとき組織に裏切られ、祖国韓国へ戻ります。彼の目的は、3年前に隠した15トンの金塊を手に入れ、潜伏の資金源とすること。そのために、金塊が眠る雑居ビル「クムガ・プラザ」を訪れます

『ヴィンチェンツォ』あらすじ | ダークヒーローが巨悪に立ち向かうハードボイルド異色作2

しかし、クムガ・プラザが悪徳企業バベル建設の手に落ち、ビルの取り壊しが強行されることに。取り壊しを阻止したい彼は、バベルグループと対立しますが、相手は強大な悪徳企業。彼はイタリアで培った「マフィア流」の戦術で、バベルグループに挑みます。彼がどのように巨悪に立ち向かうかが、本作のメインテーマです

(画像はNetflix公式より引用)

『ヴィンチェンツォ』を楽しむために知っておきたい「舞台」と「人間関係」

『ヴィンチェンツォ』を楽しむために、まず「舞台設定」と「人間関係」について、大まかに整理しておきましょう。本作は登場人物が多いため、もし混乱してしまいそうなときは、「基本的な舞台は以下3つ」と整理しておくと分かりやすくなります!

・クムガ・プラザ
・バベルグループ
・ウサン法律事務所

『ヴィンチェンツォ』を楽しむために知っておきたい「舞台」と「人間関係」

クムガ・プラザは、ヴィンチェンツォが隠した金塊が眠る雑居ビル。ヴィンチェンツォは住人たちとは距離を置きますが、次第に打ち解けていき要所でコメディシーンも挿入されます。バベルグループはヴィンチェンツォと敵対する悪徳企業。会長「チャン・ハンソ」を巡る謎は、本作のサスペンス性と猟奇性を際立てます

(画像はNetflix公式より引用)

クムガ・プラザ | バベルグループと対立するソウル市内の雑居ビル

ヴィンチェンツォが金塊を手に入れるために訪れる雑居ビル。悪徳企業「バベルグループ」がバペルタワーを建てるために取り壊しを決定し、住人たちに立ち退きを迫ります。ヴィンチェンツォは個性的な住民たちと協力し、バベルグループに対抗します。クムガ・プラザは、本作のコメディーシーンの主な舞台でもあり、互いに協力し合う姿が微笑ましいです。

バベルグループ | ウサン法律事務所と共謀しグループを拡大

さまざまな不正行為や犯罪に手を染め、グループの拡大を目指す強大な悪徳企業です。

バベルグループ | ウサン法律事務所と共謀しグループを拡大

バベルグループはウサン法律事務所と共謀し、バベル製薬が開発した麻薬性鎮痛剤を強制的に認可させるなど、さまざまな不正行為で事業拡大を推し進めています。若き会長「チャン・ハンソ」は、ある人物に操られている表向きの会長で、あまり有能ではないようですが、ここが本作の大きなカギのひとつでもあります

(画像はNetflix公式より引用)

ウサン法律事務所 | バベルグループの顧問にして韓国最大の法律事務所

バベルグループの顧問となり、数々の不祥事をもみ消してきた韓国最大の法律事務所。

ウサン法律事務所 | バベルグループの顧問にして韓国最大の法律事務所

バベルグループは政財界のみならず、このウサン法律事務所を利用して司法組織にも、強大な影響力を持つようになりました。ホン・チャヨンはウサン法律事務所に所属する弁護士でしたが、ある出来事がきっかけでウサンを辞職し、ヴィンチェンツォとタッグを組んで悪に立ち向かうようになります

(画像はNetflix公式より引用)

『ヴィンチェンツォ』の主要な登場人物

『ヴィンチェンツォ』の主要な登場人物をご紹介します。

ヴィンチェンツォ・カサノ | 冷酷非道な元マフィアの顧問弁護士

イタリアマフィアの顧問弁護士でしたが、組織の裏切りで祖国に帰国。クムガ・プラザに隠した金塊を手に入れるため、「マフィア流」で悪をもって悪に立ち向かいます。

ホン・チャヨン | ウサンの弁護士でバベル側弁護を担当

ウサン法律事務所に所属する敏腕弁護士。ある出来事がきっかけでウサンを去り、ヴィンチェンツォと協力してバベルグループに立ち向かうことになります。

チャン・ジュヌ | ウサンのインターンでチャヨンのアシスタント

ウサン法律事務所のインターンで、チャヨンの部下として働いています。間の抜けたところがありますが、意外なところで物語を動かす重要人物でもあります。

チャン・ハンソ | バベルグループの表向きの社長

バベルグループの表向きの会長ですが、利発的ではないためヴィンチェンツォに「ボスではない」と見抜かれます。実際、ある人物に操られているのですが、その黒幕とは…?

クムガ・プラザの住民たち

弁護士、質屋、イタリア料理店の店主、ピアノの先生など個性豊かな人物たち。ヴィンチェンツォと金塊の秘密を共有し、悪徳企業バベルグループに立ち向かうことになります。

ヴィンチェンツォの見どころ | ヴィンチェンツォの人間性と緻密な伏線

『ヴィンチェンツォ』の見どころは、主人公の人間性です。彼は大切な人を傷つけた相手には容赦しませんが、クムガ・プラザの住民たちはその「善良さ」に惹かれていきます。本作のストーリーはサスペンス色も強く、緻密に練られた伏線も見どころのひとつです。また、本作は「シリアス」と「コメディ」のメリハリが秀逸なので、視聴者を飽きさせません!

まとめ | 筆者は「ダークヒーロー」と「コメディ」のギャップが楽しめました!

『ヴィンチェンツォ』は、悪をもって悪を制す異色のハードボイルド作品。筆者は本作が単純な勧善懲悪ではないことや、ヴィンチェンツォの人間性に強く惹かれました。さらに、ヴィンチェンツォはシリアスとコメディのメリハリがはっきりしています。まるでジェットコースターのように飽きることがなく、筆者は本作を「名作」だと感じました!

※サムネイル画像は(Image:​「Netflix」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

『ヴィンチェンツォ』あらすじ/登場人物と見どころ!「悪に悪で対峙する」異色ダークヒーローもののページです。オトナライフは、【動画・音楽Netflixヴィンチェンツォ】の最新ニュースをいち早くお届けします。