Windows 11標準の動画編集アプリ「Clipchamp」の使い方を解説!

Windows 11には標準で利用できる動画編集アプリ「Clipchamp」があるのをご存じでしょうか? Clipchampを利用すれば、簡単に動画をカットしたりつなげたり、テロップや音楽を入れることができるので、初心者がちょっとした動画を作るのに適しています。そこで今回は、「Clipchamp」を使って簡単に動画を作成する方法を紹介します。

初めてでも直感的に使える動画編集アプリ「Clipchamp」とは?

Windows 11で動画を作成するにはどうすればいいでしょうか? 実は、Windows 11には「Clipchamp(Clipchamp-動画エディター)」と「ビデオエディター」という2つのアプリが標準搭載されていますので、わざわざ有料アプリを購入する必要はありません。

Windows 10でも利用できる「ビデオエディター」でも、簡単な動画編集はできますが、やや使いにくく、「Clipchamp」のほうが高度な編集が可能で直感的に使えます。

それもそもはず、もともと「Clipchamp」は有料アプリだったのですが、2021年にMicrosoftが買収してWindows 11に組み込み、現在では誰でも無料で使うことができるようになっているのです。

「Clipchamp」では、動画や写真素材をドラッグ&ドロップして、動画を分割したり結合できますし、テキストの挿入、トランジションの挿入、音楽の挿入、画像の調整といった本格的な動画編集も可能です。

また、タイトルや音楽などのフリー素材もテンプレートが用意されていますので、誰でもすぐに見栄えの良い動画を作ることができます。

しかも、最大1080p のHD画質で出力(エクスポート)できますし、完成した作品を直接動画共有サービスの「YouTube」や「TikTok」にアップロードしたり、「Google Drive」や「OneDrive」などのクラウドで共有することも可能となっています。

「Clipchamp」はWindows 11の「スタート(Win)」メニューから「すべてのアプリ」を開けば見つかるはずですが、もし、「Clipchamp」が見当たらなければ、Windowsをアップデートするか「Microsoft Store」から探してインストールしてみましょう。

●Microsoft Store「Clipchamp-動画エディター」→こちら

Clipchamp-動画エディター1

Windows 11の「スタート(Win)」メニューから「すべてのアプリ」を開いてみよう。「C」欄に「Clipchamp-動画エディター」が見つかるはずだ

Clipchamp-動画エディター2

もし、「Clipchamp」がなければ、Windowsをアップデートするか、「Microsoft Store」から探してみよう。ちなみに、筆者もMicrosoft Storeからインストールした

実際に「Clipchamp」で動画を編集してみよう!

「Clipchamp」の使い方は簡単です。基本的な流れとしては、まず、素材となる動画や写真を取り込んだら、タイムラインにドラッグ&ドロップして、不要な部分をカットしたりつなげたりします。ちなみに、「Clipchamp」ではカメラ機能を使って新たに動画を撮影することも可能です。

次に、無料テンプレートを利用してタイトルを作成したり、テロップを入れたり、2つの動画の間をつなぐトランジション(ワイプなどの画面転換)などを入れてみましょう。

画像の編集が終わったら音楽を入れます。自分で取り込んだ音楽素材を使うこともできますし、無料の音楽素材を挿入することも可能です。最後に、音楽の長さを調整したらフェードアウトを指定して整えましょう。

動画が完成したら「エクスポート」を押します。動画の画質を480p、720p、1080pのなかから指定すれば、加工した部分が実際にレンダリング(動画の生成)され、ダウンロードフォルダに保存されます。

このとき、YouTubeやTikTokなどの動画共有サービスやGoogle Driveなどのクラウドにアップロードして共有することも可能となっています。

■動画素材を画面に登録して編集する方法

動画素材を画面に登録して編集する方法1

「Clipchamp」を初めて起動したときはログインする必要があるので、「Microsoftで続行」を押して表示される画面で「はい」を押そう

動画素材を画面に登録して編集する方法2

「Clipchamp」が起動したら、まずは画面右上の「+動画を作成」をタップして編集画面を開く

動画素材を画面に登録して編集する方法3

動画や写真、音楽素材は、画面左上の「+」をクリックしてフォルダから選択するか、直接ウインドウにドラッグ&ドロップすればいい

動画素材を画面に登録して編集する方法4

登録された動画は画面左上にサムネイルが表示されるので、これをタイムラインにドラッグ&ドロップして置いていく(複数の動画も可)。次に、タイムラインに置いた動画の端をつまんで左右に動かし、長さを調整しよう

動画素材を画面に登録して編集する方法5

動画を分割するには、白いバーを分割したい場所に合わせ「分割」を押す(上写真)、不要な部分を選択したら「削除」を押せばいい(下写真)

■タイトルを作成したり画面にテロップを入れる方法

タイトルを作成したり画面にテロップを入れる方法1

画面左のメニューから「ストック動画」を選択し、好みの素材を選択したら、「タイムラインに追加+」を選択する

タイトルを作成したり画面にテロップを入れる方法2

タイトル動画をタイムラインの頭に移動したら、左のメニューで「テキスト」を選択。好みの素材を選んで、「テキストを追加」部分にドラッグ&ドロップする

タイトルを作成したり画面にテロップを入れる方法3

テキストをタイトル動画の上に合わせたら、画面上部の「テキスト」を選択してタイトル(テキスト)を入力しよう。ここでフォント(文字のデザイン)も変更できる

タイトルを作成したり画面にテロップを入れる方法4

最後に色を変更すればタイトルが完成する。誰でも動きのあるカラフルなタイトルが簡単に作れるのが素晴らしい

タイトルを作成したり画面にテロップを入れる方法5

動画の中にテロップを入れる手順もまったく同じ。好きなテンプレートを選んでドラッグ&ドロップしたら、長さを決める。あとは色やフォントを選ぼう。「フェード」を選んで「イン」と「アウト」の時間を指定すれば、ゆっくり表示することができる

■トランジションを追加したり黒画面を入れて仕上げる方法

トランジションを追加したり黒画面を入れて仕上げる方法1

動画の最後に黒い画面入れておこう。左のメニューから「ストック画像」を選び、黒い静止画をタイムラインの最後にドラッグ&ドロップする。時間は好みで指定すればいいだろう

トランジションを追加したり黒画面を入れて仕上げる方法2

次に画面と画面の切り替えをスムーズに見せる「トランジション」を選択し、タイムラインの動画と動画の間にドラッグ&ドロップする

■音楽を入れる方法

音楽を入れる方法1

音楽もテンプレートのものを無料で利用できる。左のメニューで「音楽とサウンドエフェクト」を選択したら、好みの音楽を選択し「タイムラインに追加」を押せばいい

音楽を入れる方法2

タイムライン上の音楽の最後をつまんで長さを合わせたら、画面上の「フェード」を選んで「フェードアウト」を1秒程度に設定しよう。これで自然な感じで音が消えていく

Windows 11標準の動画編集アプリ「Clipchamp」の使い方を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスClipchampMicrosoftWindows 11Windows 11の使い方Windowsムービーメーカー】の最新ニュースをいち早くお届けします。