なりすましが多いブランドTOP25にau・クレディセゾン・楽天も!

大手企業を名乗って偽サイトへ誘導するフィッシング詐欺が、近年、また増加しているようだ。露骨に怪しいものもあるが、ブランドのサポートセンターを騙るアドレスからの連絡や、一見しただけでは見わけがつかないURLを利用するなど、あの手この手で攻撃を仕掛けている。

そこで、今回は世界でフィッシングに使われるブランドランキングを紹介する。あなたがよく利用するブランドもランクインしていることだろう。

なりすましが多いブランドランキングには、日本の大手企業も!?

順位 ブランド カテゴリー 固有のフィッシングURL数
1 Microsoft クラウド 11,041
2 Facebook ソーシャルメディア 10,448
3 Credit Agricole 金融サービス 8,298
4 WhatsApp ソーシャルメディア 8,114
5 Orange インターネット/通信事業 7,845
6 au インターネット/通信事業 7,031
7 MTB 金融サービス 6,449
8 PayPal 金融サービス 5,875
9 La Banque Postale 金融サービス 5,376
10 Google クラウド 5,023
11 Apple eコマース 4,606
12 Chase 金融サービス 3,962
13 Netflix クラウド 3,950
14 Comcast インターネット/通信事業 3,589
15 クレディセゾン 金融サービス 3,331
16 Instagram ソーシャルメディア 3,273
17 Amazon eコマース/ロジスティクス 2,862
18 楽天 eコマース/ロジスティクス 2,678
19 Wells Fargo 金融サービス 2,431
20 OVH インターネット/通信事業 2,076
21 Adobe クラウド 1,933
22 DHL eコマース/ロジスティクス 1,883
23 ING 金融サービス 1,350
24 ShareFile クラウド 1,218
25 Docusign クラウド 1,122

Instagramも3,000件以上のフィッシングサイトがあるので、SNS利用者も要注意

2022年8月5日、AIによる脅威検出などによりサイバーセキュリティの向上を図るVadeは2022年1月~6月の「Phishers’ Favoritesレポート」を公開。フィッシング攻撃において、なりすましが多かったブランド25社を発表した。

第1位は「Microsoft」。主にビジネスツールとして、世界中で利用されているMicrosoft 365には2億4,000万人以上のサブスクライバーがいるとされている。やはり、この利用率の高さはハッカーにとって魅力的なようだ。第2位の「Facebook」も世界で最も使用されているSNSということもあり、10,000件以上の固有フィッシングURLが検出されている。

3位以降も海外の大手企業が連なるが、中には日本企業の名前も挙がっており、第6位に通信キャリア事業の「au」がランクイン。auや「au PAY」を騙りフィッシングサイトに誘導するSMSなどが多いようだ。そのほかにもクレジットカード会社の「クレディセゾン」(15位)、通販サイトなど運営する「楽天」(18位)もトップ25に含まれている。日頃よく利用するサービスでも、油断せずにアドレスやURL、公式サイトにあるフィッシングの事例などを確認した方がよさそうだ。

なりすましが多いブランドTOP25にau・クレディセゾン・楽天も!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフauクレディセゾンフィッシング詐欺楽天】の最新ニュースをいち早くお届けします。