Windows 10で「付箋(Sticky Notes)」を貼る方法を解説!

Windows 10には、「付箋」アプリの機能が標準で搭載されている。そして、Windows 7にも「付箋」アプリの機能が搭載されていたが、Windows 10からは使い方に多少の違いがある。そこで今回は、Windows 10で「付箋」アプリを使う方法について解説していく。

Windows 10の「付箋(Sticky Notes)」の起動方法

Windows 10には、「付箋」アプリの機能が標準で搭載されている。そして、Windows 7にも「付箋」アプリの機能が搭載されていたが、Windows 10からは使い方に多少の違いがある。また、Windows 10の「付箋」アプリは、バージョン1607から「Sticky Notes」に変更されたが、現在のバージョンでは再び「付箋」に戻っている。

バージョンにより名称が違うが、基本的には同じ「付箋」アプリになっている。そしてまずここでは、「付箋」アプリを起動する方法について解説していく。「付箋」アプリを起動する方法には2つの方法があるので、やりやすい方法で起動してみよう。

【方法①】スタートメニューから起動する

Windows 10で「付箋」アプリを起動する方法①は、スタートメニューから起動することだ。スタートメニューから「付箋」アプリを起動する方法は、Windows 10の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックする。

【方法①】スタートメニューから起動する

「スタートメニュー」をクリックすると、アプリの一覧が表示されるので、「は行」にある「付箋」を選択する。そうすれば、「付箋」アプリを起動することができる

ここで、「付箋」を右クリックして、「スタートにピン留めする」もしくは「その他」から「タスクバーにピン留めする」を選択して、設定しておけばすぐに「付箋」アプリを起動することができるので非常に便利だ。

【方法②】検索ボックスから起動する

Windows 10で「付箋」アプリを起動する方法②は、検索ボックスから起動することだ。検索ボックスから「付箋」アプリを起動する方法は、Windows 10の画面左下にある「検索ボックス」に「付箋」と入力する。

【方法②】検索ボックスから起動する

「付箋」と入力すると、検索結果が表示されるので、「付箋」を選択する。そうすれば、「付箋」アプリを起動することができる

ここで、画面右側にあるメニューの中から、「スタートにピン留めする」または「タスクバーにピン留めする」を選択して設定すればすぐに「付箋」アプリを起動することができるので非常に便利だ。

Windows 10で「付箋(Sticky Notes)」を貼る方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方付箋】の最新ニュースをいち早くお届けします。