Z世代が指摘する「おじさん構文」TOP10、2位カタカナ多用、1位は?【Simeji調べ】

バイドゥ株式会社が提供する日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」は2022年6月27日から7月5日、ユーザーに対してアプリ上で「気になるおじさん構文の特徴」に関するアンケート調査を実施。10~24歳の男597名から回答を得た。今回は、そのアンケートを「Simejiランキング」としてご紹介していくこととしよう。

ちなみにおじさん構文とは、おじさん世代がメールやメッセージアプリでやってしまいがちな、若者に“おじさんくさい”と思われてしまう文体のこと。詳しく内容はこちらの記事で確認してほしい。

さっそく第1位を発表!

気になるおじさん構文の特徴-ごはんお誘い編-

おじさん世代とZ世代のやり取りの違いは明らかだ(画像は「バイドゥ株式会社」プレスリリースより引用)

第1位となったのは、「絵文字・顔文字・記号を多用」だった。絵文字や顔文字は、おじさん世代が青春を送っていた頃に登場したもの。当時、それをいかにたくさん使いこなすかを考えたものだったし、使いこなせる人がイケてる人という印象だった。たしか、記号を駆使した「ギャル文字」も流行ったのはその頃だったのではなかろうか……。その名残で今も絵文字や顔文字を多用してしまっているおじさん世代は多そう。

アンケートでは、「お父さんがよくしてる」「頑張って今どきに合わせてる感があるww」「慣れてなさそうな感じ」「感情の表し方が独特」「ガラケーの名残?」などのコメントがZ世代から寄せられた。最近では絵文字よりもスタンプを使う方が多いそうなので、おじさんらしい構文になってしまうと悩んでいる人はスタンプを活用してみては。

Z世代が指摘する「おじさん構文」TOP10、2位カタカナ多用、1位は?【Simeji調べ】のページです。オトナライフは、【SNSSNSおじさんおじさん構文】の最新ニュースをいち早くお届けします。