寝つきが改善するアプリ「睡眠観測」に注目 – スマホを触りながら寝落ち

睡眠不足は多くのサラリーマンが抱えている悩みだ。毎日、遅い時間まで仕事を頑張って、ヘトヘトになって家に帰ってきてもベッドに入ってしばらくは寝付けない…。さらには、眠れなくて暇だからとスマートフォンをいじってしまい、よけい眠れなくなってしまう…。そのような負のスパイラルに陥っている人もいるのではないだろうか。

厚生労働省「e-ヘルスネット」によれば、日本人の5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「なんらかの不眠がある」といい、もはや不眠は“国民病”とも言えるレベルだ。そのような人たちのために(?)、スマホを触りながら眠りにつけるという斬新なアプリが登場した。

今回はそのような“夢”のようなアプリについてお伝えしていきたい。

“スマホを撫でながら眠る”アプリが登場!

さわって眠れる睡眠アプリ - 睡眠観測1

最初から寝落ちが目的のアプリというのもこれまでにない発想だ(画像は「ギジン株式会社」プレスリリースより引用)

ネットサービスを発明するギジン株式会社は8月3日。同日に「さわって眠れる睡眠アプリ – 睡眠観測」をリリースしたことを発表した。iPhoneとAndroidスマホ双方に対応しており、App StoreまたはGoogle Playからダウンロードできる。

アプリでは“入眠に最適なゲーム”がプレイできるという。昨今のアプリゲームといえば、高度な読みや複雑な操作や素早い反射的な操作が要求されたりする、ゲーム性の高いタイトルが多い。しかし、寝ようとしているところで頭を活性化させてしまうのは、寝るためには逆効果と言わざるを得ない。

さわって眠れる睡眠アプリ - 睡眠観測2

アプリを使うことで、入眠前の寝苦しさを改善できるそうだ(画像は「ギジン株式会社」プレスリリースより引用)

このアプリでは、開発チームが研究を重ね「入眠前のゲームに最適な操作」としてたどり着いた、観測対象の出現音を聞いたら画面を撫でるだけ、というシンプルなゲーム性・操作性が採用されている。

視覚と聴覚でリラックスして眠ろう

編集部でも試してみたが、片手で画面全体を操作できるサイズのスマホのほうがよさそうだ

試してみたが、片手で画面全体を操作できるサイズのスマホのほうがよさそうだ(編集部撮影)

また「900万通りのコンテンツを楽しめる」という正式版は有料(iOS版610円、Android OS版600円)だが、機能をしぼった無料体験版も存在する。気軽に試すことができるのもユーザーにとっては嬉しいポイントだ。

さわって眠れる睡眠アプリ - 睡眠観測3

(画像は「ギジン株式会社」プレスリリースより引用)

筆者も体験版をプレイしてみたところ、優しい音楽を聴きながら星空の画面を眺めて、たまに流れてくる流れ星をスワイプする、という布団の中でやったらたちまち眠りに落ちてしまいそうなゲーム感となっていた。

流れ星は、スワイプすることで「観測数」を増やすことができ、「羊が1匹、羊が2匹……」と数えるような感覚で「流れ星が1つ、流れ星が2つ」と観測していくと気づいた頃には寝ていた、ということになりそうだ。(筆者は職場でプレイしたため寝ないようにするのが大変だった)

同社の発表によれば、このアプリは配信開始翌日の4日にはApp Store「有料Appランキング」の「メディカルカテゴリ」で1位に輝いたという。さらに、総合ランキングでも17位につけるなど、リリース直後から注目のアプリとなっているようだ。

今後、こうしたアプリが普及して「寝る前にはスマホを触ろう」という、これまでの「寝る前はスマホを見ないように」とは正反対の文化が生まれることになるのだろうか。興味深く見守っていきたい。

出典元:ギジン株式会社は→こちら

※サムネイル画像は(Image:ギジン株式会社」プレスリリースより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

寝つきが改善するアプリ「睡眠観測」に注目 – スマホを触りながら寝落ちのページです。オトナライフは、【アプリアプリ睡眠】の最新ニュースをいち早くお届けします。